相川雅之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

相川 雅之(あいかわまさゆき、1942年 - )は日本の化学者北海学園大学名誉教授。専門は、物理化学有機化学、生体機能材料。現在は環境問題に力点をおいている。理学博士北海道大学、1976年)。東京都生まれ。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

学外における役職[編集]

家系・人物[編集]

400年続いた北関東の名主の出で、代々山岳信仰等を対象とした修験道の指導者の家系でもあったため、相川自身も環境問題に造詣が深くなったとされる。

金属アレルギー防止のためのクリームを開発した事もあったが、本人曰く「残念ながら化粧品メーカーからの発注は無かった」と懐述している。

学問態度[編集]

相川独自の一人説ではあるが、環境問題とは「人間が存在しなかった時には、存在しなかった物質。即ち人間が文明生活を営む様になって存在する様になった物質が自然本来の連鎖に入り込み、生態系を乱す事によって起こされる諸問題を指す」と定義している。

主な論文[編集]

  • 『人工光合成-生体二分子層膜中の電子伝達機構に関する研究』(共著、学園論集、1983年)
  • 『3重項エキシマの再検討-77混合結晶中の芳香族化合物からのりん光』(学園論集、1990年)
  • 『アルムデヒト及びVOCの現状と除去対策の研究--寒冷住宅における室内空気汚染物質の実態と対策の研究』(共著、北海学園大学工学部研究報告、2001年)
  • 『鮭卵子由来2重らせんDNAの抽出・精製の新技術(1)』(共著、北海学園大学工学部研究報告、2005年)

など多数

参考文献[編集]