百済王神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
百濟王神社
Kudarao Shrine.jpg
社殿正面
所在地 大阪府枚方市中宮西之町1-68
位置 北緯34度48分55.5秒
東経135度39分37秒
座標: 北緯34度48分55.5秒 東経135度39分37秒
主祭神 百濟王
牛頭天王
社格村社
創建 不詳
本殿の様式 春日造
地図
百濟王神社の位置(大阪府内)
百濟王神社
百濟王神社
テンプレートを表示

百濟王神社(くだらおうじんじゃ)は、大阪府枚方市中宮西之町にある神社旧社格村社百済王氏の祖霊を祭る神社である。

祭神[編集]

歴史[編集]

百済滅亡後、日本に残留した百済王族・善光(禅広)は朝廷から百済王(くだらのこにきし)のを賜り、その曾孫である百済王敬福陸奥守に任ぜられ、749年陸奥国小田郡で黄金900両を発見して朝廷に献じた。功によって敬福は従三位宮内卿河内守に任じられ、百済王氏の居館を難波から河内に移した。当地には氏寺として百済寺、氏神として百済王神社が造営された。その子の南典が死去した時、朝廷は百済王の祀廟を建立させた。

数度の火災により百済寺・百済王神社は次第に衰退した。後に奈良の興福寺の支配下に入り、再興が図られた。現在の本殿は、興福寺と関係が深い春日大社の本殿を移築したものである。

現地情報[編集]

所在地
交通アクセス

周辺[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]