白楽ロックビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
白楽 ロックビル(はくらく ろっくびる)
白楽ロックビル 1.jpg
生誕 (1947-01-04) 1947年1月4日(70歳)
日本の旗 日本 神奈川県横浜市[1]
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 バイオ政治学細胞生物学生化学
研究機関 筑波大学
お茶の水女子大学
出身校 埼玉大学名古屋大学
博士課程
指導教員
大沢文夫
主な業績 細胞接着分子の研究、バイオ政治学の創始者
主な受賞歴 田邉賞、科学技術社会論学会賞(柿内賢信記念賞)
プロジェクト:人物伝

白楽 ロックビル(はくらく ロックビル、本名:林 正男1947年1月4日 - )は、日本に細胞接着分子の研究を導入した科学者。後年、生命科学者の視点から、新しい研究・教育分野としてバイオ政治学を提唱する。

お茶の水女子大学名誉教授理学博士[2]。専門は、バイオ政治学生化学細胞生物学江上不二夫大沢文夫の弟子。弟子に、佐藤匠徳赤間高雄、宮崎歴、長野裕子鈴木智香子、山本志保(染織家)がいる。

概要[編集]

埼玉大学理工学部生化学科1回生である。卒業研究で江上不二夫から糖タンパク質生化学の指導を受けた。

名古屋大学の理学研究科・分子生物学専攻の大学院生の時、大沢文夫の下で、微小管系の生体運動の分子機構の生物物理学を研究した。

1976年、29歳の時に、筑波大学生物科学系の講師に就任し、研究室を主宰した。

1980年、筑波大学生物科学系講師の時、アメリカ国立がん研究所・分子生物学部のケネス・ヤマダの下に2年間留学し、癌細胞の細胞生物学を研究し、フィブロネクチンのドメイン構造を決定した。帰国後、細胞接着分子の研究を日本に導入した。以後、日本の細胞接着分子の研究をリードし発展させた。1988年、ビトロネクチンの新しい精製法を発明した。

1995年お茶の水女子大学理学部生物学科助教授の時、文部省在外研究員としてアメリカ国立衛生研究所・研究費配分事務局、ウーロンゴン大学・研究政策センターに10カ月間留学し、帰国後、新しい視点のバイオ政治学を提唱した。

2007年、科学技術社会論学会賞(柿内賢信記念賞)受賞。受賞対象:「バイオ政治学の構築と発展」[3]

2012年、お茶の水女子大学定年退職、名誉教授。

バイオ政治学の活動[編集]

バイオ政治学とは「バイオ科学研究を人間の幸福・興奮・充実に結びつけるにはどうしたらよいのか?生命科学の立場から、科学技術(生命科学)のあり方を考え、バイオ研究者と国と社会はなにをどうすべきなのか?」の目標、知識、考え方、スキルを構築し実行する学問である」[4]とされる。

  1. 研究費配分システム。米国NIHの研究費配分システムを内部に滞在し、研究し、そのシステムを日本に初めて紹介した。そのことで、日本政府は、プログラムオフィサー、審査での利害関係者の除外、申請者へ審査結果の通知、エフォートなどのシステムを導入した[5]
  2. 研究人材育成。学部生が大学院に進学する利害得失、大学院生になったら何をどうすべきかを提示[6][7]
  3. 科学政策。生命科学研究の動向、研究のとらえ方、研究者のあり方を議論[8][9][10]
  4. 研究者倫理。研究者の事件を研究し、「ねつ造」「改ざん」「盗用」など科学における不正行為、さらには「研究費不正使用」「セクハラ」などを分析した。米国研究公正局と類似の日本版・研究公正局の設置を否定し、警察による研究不正の捜査と刑事罰の適用を提唱する[11]。また、米国と違う点の一つとして、日本では、「国立大学」「医学部」「男性」「教授」に事件が多発している点を指摘した[12]
  5. メディアの中の生命科学。メディアが科学者を歪めて国民に伝えている点、生命科学用語が混乱し始めている点を改善すべきと指摘[13]

評価[編集]

  • 研究倫理の専門家の1人として認識されている。また黒木登志夫は『研究不正』のあとがきで、白楽ロックビルのホームページの情報のほとんどを執筆の参考にし、白楽ロックビルとの議論も参考にしたと述べる。
  • ジェンダー研究者の池田緑は、『脱力系女子大教授』(2006年、丸善)における女子大生の描写に対して、「これでは、白楽は女性をバカにしていると解釈されても仕方がない。」[14]、「女子大性の“生態”を面白おかしく伝えるという視点は、より性差別的な他の書籍とも共有されている。」[15]、「仮にもこれが全国紙(讀賣新聞)の夕刊連載だったというのだから驚く。」[16]と評価している。

略歴[編集]

略歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『細胞接着分子の世界』 1995年、羊土社。ISBN 9784897063119
  • 『アメリカの研究費とNIH』 1996年、共立出版。ISBN 9784320054462
  • 『元気のでるオーストラリア』 1997年、共立出版。ISBN 9784320054769
  • 『アメリカからさぐるバイオ研究の動向と研究者』 1999年、羊土社。 ISBN 9784897066349
  • 『博士号とる? とらない? 徹底大検証』 2000年、羊土社。ISBN 9784897066493
  • 『新 細胞接着の世界』 2001年、羊土社。ISBN 9784897063270
  • 『科学研究者になるための進路ナビ』 2005年、羊土社。ISBN 9784897068909
  • 『脱力系女子大教授』 2006年、丸善。ISBN 4-621-07728-7
  • 『ヨーロッパの日本人バイオ研究者』 2007年、ホンニナル出版。
  • 『バイオ政治学 第1巻』 2009年、ニシダ印刷製本
  • 『科学研究者の事件と倫理』 2011年、講談社。ISBN 978-4-06-153141-3
  • 『メディアの中の生命科学と生命科学用語のあり方 バイオ政治学第3巻』 2012年

訳書[編集]

  • Lackie, J. M., and Dow, J. A. T. 『細胞生物学辞典』 1994年、啓学出版。ISBN 9784766506099
  • Frederick Grinnell 『グリンネルの研究成功マニュアル』 1998年、共立出版。ISBN 9784320055155
  • Lackie, J. M., and Dow, J. A. T. 『細胞生物学辞典 第2版』 1998年、共立出版。ISBN 9784320055001
  • Michael J. Reiss, Roger Straughan 『生物改造時代がくる』 1999年、共立出版。ISBN 9784320055186
  • Frederick Grinnell 『グリンネルの科学研究の進め方・あり方』 2009年、共立出版。ISBN 978-4-320-05697-8
  • パトリシア・ゴスリング&バルト・ノールダム『理工系&バイオ系大学院で成功する方法』 2010年、日本評論社。ISBN 4535784957

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 高橋真理子 (2014年7月14日). “研究倫理の専門家・白楽ロックビル氏が語る「STAP問題の対処法」”. WEBRONZA. 2016年6月5日閲覧。
  2. ^ 博士論文『ウニ精子べん毛ATPaseの速度論的解析』(名古屋大学、1974年) - 博士論文書誌データベースより。
  3. ^ News&Info - お茶の水女子大学
  4. ^ 白楽ロックビルより引用
  5. ^ 白楽ロックビル 『アメリカの研究費とNIH』 共立出版、1996年 
  6. ^ 白楽ロックビル 『博士号とる? とらない? 徹底大検証』 羊土社、2000年 
  7. ^ パトリシア・ゴスリング&バルト・ノールダム、白楽ロックビル(訳) 『理工系&バイオ系大学院で成功する方法』 日本評論社、2010年 
  8. ^ 白楽ロックビル 『アメリカからさぐるバイオ研究の動向と研究者』 羊土社、1999年 
  9. ^ グリンネル、白楽ロックビル(訳) 『グリンネルの研究成功マニュアル』 共立出版、1998年 
  10. ^ グリンネル、白楽ロックビル(訳) 『グリンネルの科学研究の進め方・あり方』 共立出版、2009年 
  11. ^ 榎木英介 (2016年12月5日). “研究不正は警察が捜査?「ポスト真実」時代の科学者”. Science Communication News. 2016年12月5日閲覧。
  12. ^ 白楽ロックビル 『科学研究者の事件と倫理』 講談社、2011年 
  13. ^ 白楽ロックビル 『メディアの中の生命科学と生命科学用語のあり方 バイオ政治学第3巻』、2012年 
  14. ^ 池田緑(2006年)「女子大教員の異常な愛情 : または私は如何にして"教える"のを止めて戦場を愛するようになったか」『大妻女子大学紀要社会情報系社会情報学研究』(第15号、39-61頁)の42頁より引用
  15. ^ 池田緑(2006年)「女子大教員の異常な愛情 : または私は如何にして"教える"のを止めて戦場を愛するようになったか」『大妻女子大学紀要社会情報系社会情報学研究』(第15号、39-61頁)の43頁より引用
  16. ^ 池田緑(2006年)「女子大教員の異常な愛情 : または私は如何にして"教える"のを止めて戦場を愛するようになったか」『大妻女子大学紀要社会情報系社会情報学研究』(第15号、39-61頁)の41頁より引用

参考文献[編集]

  • 白楽ロックビル『バイオ政治学 第1巻』 2009年、ニシダ印刷製本

外部リンク[編集]