畑村耕一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

畑村 耕一(はたむら こういち、1949年 - )は、元マツダ技術者エンジンコンサルタントである。 広島県出身。東京工業大学修士課程終了。大学院では生物工学を専攻。工学博士。

1975年に東洋工業(後のマツダ)に入社、エンジンの開発に携わる。 なかでもユーノス800に搭載されたミラーサイクルエンジン開発の中心人物として有名である。 ミラーサイクル関連の特許多数。 グライダーを趣味とし、理想はグライダーのように「エンジンのないクルマ」である。高校時代はマツダの第5代社長・山本健一の子息と同じクラスだったという。

2001年3月にマツダを退社後、畑村エンジン研究事務所を開設。