畑井新喜司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
畑井 新喜司
生誕 1876年3月2日
日本の旗 日本青森県小湊村(現:平内町
死没 (1963-04-19) 1963年4月19日(87歳没)
国籍 日本の旗 日本
研究分野 動物学
研究機関 東北帝国大学
出身校 東北帝国大学
シカゴ大学
主な受賞歴 帝国学士院賞(大正14年)
プロジェクト:人物伝

畑井 新喜司(はたい しんきし、1876年3月2日 - 1963年4月19日)は日本の動物学者東北帝国大学教授ミミズ[1]シロネズミの研究で知られる。畑井小虎の父。

略歴[編集]

青森県に生まれる。東北学院理学科卒業後、五島清太郎の助手となり、貧毛類の研究を行う。

1899年に渡米。シカゴ大学で学び、博士号を習得、比較神経学の講座を担当する。後にペンシルベニア大学の教授となる。

1921年帰国、東北帝国大学教授となり、生物学教室を開設。動物生理学・比較生理学の講座を開設し、第一講座を担当した。

1924年に理学部付属浅虫臨海実験所(現:東北大学大学院生命科学研究科附属浅虫海洋生物研究センター[2])を創設、初代所長。

1925年、「白鼠に関する研究」で帝国学士院賞を受賞[3]。動物実験に白鼠が多用されるのは、この研究によるものである。

1934年パラオコロール島パラオ熱帯生物研究所を創立、初代所長に就任。日本の若い研究者達がサンゴ礁研究を行い、数多くの成果を挙げた[4]。畑井自身も毎年研究所を訪れ、研究者達を励まし書物の寄贈を行っている。なお、この研究所は太平洋戦争の激化によって1943年に閉鎖されたが、現在でも跡地を見ることができる[5]

戦後、東京家政大学で学長に就任。没後、彼の業績を称え1966年に「畑井メダル」(太平洋学術会議)が創設された[6]

古生物学者畑井小虎は次男である。

著書[編集]

論文[編集]

賞詞[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 畑井 新喜司 (1930年10月15日). 1八田ミミズに就いて. 42. pp. 367. NAID 110003327266. 
  2. ^ 東北大学大学院生命科学研究科附属浅虫海洋生物研究センターについて
  3. ^ 恩賜賞・日本学士院賞・日本学士院エジンバラ公賞授賞一覧
  4. ^ ICRI日本-パラオ事務局活動”. 2013年5月16日閲覧。
  5. ^ パラオにいってみた その7 パラオ熱帯生物研究所
  6. ^ 畑井新喜司関係資料 東北大学史料館

外部リンク[編集]