五島清太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
五島清太郎

五島 淸太郎(ごとう せいたろう、1867年9月15日慶応3年8月18日) - 1935年昭和10年)7月20日)は日本の動物学者東京帝国大学教授。寄生虫関連の研究で知られる。歌人 五島美代子の父。

経歴[編集]

栄典[編集]

著書[編集]

  • ダーウィン氏自伝』(訳)敬業社 1891
  • 『中等動物学教科書』金港堂 1893
  • 『新編動物初歩』金港堂 1897
  • 『新編普通動物学』金港堂 1898
  • 『中学動物教科書』金港堂 博物教科統合叢書 1901
  • 『実験動物学』金港堂 1900-1903
  • 『動物学講義』修学堂・新撰百科全書 1915
  • 『実験動物学』合田得輔校訂 中山書店 1949

出典[編集]

  1. ^ 『官報』第1773号「叙任及辞令」1918年7月1日。