甲斐庄正述

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

甲斐庄 正述 (かいしょう まさのぶ、生年不詳 - 万治3年6月5日1660年7月2日))は江戸幕府旗本。旗本甲斐庄氏3代目。甲斐庄正房の子。通称、喜右衛門(7代正壽まで同名を名乗る)。普請奉行、第17代長崎奉行を務める。室は徳川忠長家臣、大河内金七郎某の娘。子に甲斐庄正親甲斐庄正敬甲斐庄正奥大森好輝室。

普請奉行を務めたのち、慶安5年(1651年)6月、長崎奉行に就任する。万治2年(1659年)外国船の見張りの重要性から、農民などに見張らせていたが、新たに遠見役の公儀役人を新設した。翌年、在職中に江戸にて没する。

『大猷院殿御実紀付録』によると、長崎奉行に就任した時、将軍徳川家光の御前に召され、「わが国が、もし外冦によって、いささかでも領土が掠められるようなことがあれば日本の恥辱であるぞ」と、その責任の重大さを家光自ら彼に説き「さらば長崎奉行の職は大事なれば、よく心ゆるびなく、おごそかに慎むべし」と、言い含められたという。