田部長右衛門 (22代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

22代目田部 長右衛門(22だいめ たなべ ちょうえもん 明治11年(1878年1月31日 - 昭和31年(1956年)6月)は日本実業家政治家。奥出雲の山林大地主田部家の第22代当主。元貴族院議員。農業[1]。島根県多額納税者[1]。勲四等[2]旧姓は宇山、名は茂秋。

田部家23代目長右衛門(左)と22代目長右衛門(右)
昭和17年

田部長右衛門 (23代)は二男[2]田部長右衛門 (21代)は養父。

来歴・人物[編集]

島根県能義郡伯太町母里(現在の安来市)の宇山清左衛門の三男に生まれ[2]飯石郡吉田村田部長秋の養子となる[2]。大正15年(1926年家督を相続し前名種之助を改む[1]

明治36年(1903年早大卒業[2]。家業を継ぎ農業に従事する[1]

島根農会副会長[2]日本勧銀島根地方顧問[2]、島根地方森林会議員[2]大日本山林会帝国森林会各評議員[2]山陰合同銀行取締役等その他種々の名誉職を歴任した[2]。その間昭和14年(1939年)貴族院議員に選出せられた[2]

昭和31年(1956年)6月、自邸において死去[2]

家族・親族[編集]

田部家[編集]

島根県飯石郡吉田村[1]
嘉永3年(1850年9月[1] - 没
明治14年(1881年)生[1] - 没
  • 妻・梅野[1](島根、福井本太郎二女[1]
明治25年2月生[1] - 没
  • 男・朋之[1](実業家、政治家、23代目田部長右衛門
明治38年(1905年3月生 - 昭和54年(1979年)9月没
  • 女・悦子[1](島根県人宇山眞に嫁す[1]
明治43年(1910年)3月生[1] - 没

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 『人事興信録. 第11版』(昭和12年)下タ八四
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 『新日本人物大観』(島根県版) 人事調査通信社 昭和32年(1957年) タ・ツ…43頁
  3. ^ a b c 『人事興信録. 第7版』(大正14年)タ七

関連[編集]