田盤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田 盤(でん ばん、生没年不詳)は、春秋戦国時代の政治家で、田氏の宗主。、あるいは[1]田襄子とも呼称される。

田恒(田成子)の子として生まれた。田恒が死去すると、田盤が代わって田氏の宗主となった。斉の宰相となり、斉の宣公に仕えた。田盤はその兄弟や一族をことごとく斉の都邑大夫とした。趙無恤魏駒韓虎らが智瑶を攻め滅ぼして、智氏の領地を三分すると、田盤はと使者を通交させ、斉の外交関係を安定させた[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 史記』田敬仲完世家は盤とする。『史記集解』所引徐広は、盤は塈とも作るという。
  2. ^ 『史記』田敬仲完世家