田白

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田 白(でん はく、? - 紀元前411年)は、春秋戦国時代の政治家で、田氏の宗主。、あるいは[1]田荘子とも呼称される。

田盤(田襄子)の子として生まれた。田白は斉の宣公の宰相となった。紀元前413年を攻撃し、黄城を破壊し、陽狐を包囲した。紀元前412年・葛および安陵を攻撃した。紀元前411年、魯の一城を奪った[2]紀元前411年に田白は死去し、翌年に田悼子が後を嗣いだ[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 史記』田敬仲完世家は白とする。『史記索隠』所引『世本』は伯とする。
  2. ^ 『史記』田敬仲完世家
  3. ^ 『史記索隠』所引『竹書紀年