田畑泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
田畑 泉
人物情報
生誕 1956年[1]
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京大学教育学部
学問
研究分野 身体教育学
スポーツ科学
応用健康科学
環境生理学(体力医学及び栄養生理学を包含する)
研究機関 立命館大学スポーツ健康科学部
スポーツ健康科学研究科
総合科学技術研究機構
スポーツ健康科学研究センター
学位 博士(教育学)1993年3月 東京大学教育学部
主な業績 タバタ式トレーニングの考案
学会 日本体力医学会
日本生理学会
日本体育学会
American College of Sports Medicine
日本糖尿病学会
日本栄養改善学会
日本運動生理学会
公式サイト
research-db.ritsumei.ac.jp/Profiles/75/0007481/profile.html
テンプレートを表示

田畑 泉(たばた いずみ、1956年 - )は、立命館大学スポーツ健康科学部及びスポーツ健康科学研究科の学部長及び研究科長を務める教授タバタ式トレーニングを考案した事で有名。

概要[編集]

東京大学教育学部及び教育学研究科を修了した後、 スピードスケートのナショナルチームでコーチをしていた入澤孝一(現高崎健康福祉大学教授)が導入していたトレーニングを運動生理学的側面から研究し、効果を実証した論文を発表したところ[2]、合理的で高い効果が得られる点が海外で評価されブームになり[3][4]、"Tabata Protocol"と呼ばれてインデペンデント紙にも取り上げられるまでに至った[5]。このトレーニング法は近年になって「タバタ式トレーニング」の名で日本にも逆輸入され[6][7]、国内でも様々な記事に取り上げられたが[8][9]、誤解されている点が多く解説書を執筆し出版している他[10]、トレーニングの公式サイトも開設されている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
出典
  1. ^ 田畑, 泉, 1956-”. 2015年6月29日閲覧。
  2. ^ Tabata I; Nishimura K; Kouzaki M; Hirai Y; Ogita F; Miyachi M; Yamamoto K (October 1996). “Effects of moderate-intensity endurance and high-intensity intermittent training on anaerobic capacity and VO2max”. Med Sci Sports Exerc (Philadelphia: LWW) 28 (10): 1327–1330. doi:10.1097/00005768-199610000-00018. ISSN 0195-9131. LCCN 80-644663. OCLC 846855575. PMID 8897392. http://journals.lww.com/acsm-msse/Fulltext/1996/10000/Effects_of_moderate_intensity_endurance_and.18.aspx. 
  3. ^ “Let's try Tabata Trainingl!!〜“Tabata Training”でトレーニングが変わる!〜”. +Rな人 (立命館大学). (2014年4月30日). http://www.ritsumei.ac.jp/rs/category/r_na_hito/entry/?param=546 2015年11月29日閲覧。 
  4. ^ “運動不足は「一日4分」で解消できる。アスリートも太鼓判を押す「タバタ式トレーニング」とは”. 日刊SPA! (扶桑社). (2015年7月11日). http://nikkan-spa.jp/891092 2015年11月29日閲覧。 
  5. ^ “Tabata Protocol: Short, sharp – and shocking”. The Independent (Independent News & Media). (2013年4月2日). http://www.independent.co.uk/life-style/health-and-families/features/tabata-protocol-short-sharp-and-shocking-8556067.html 2015年11月29日閲覧。 
  6. ^ “「4分で運動不足解消」と話題のタバタ式トレーニング。実践者が語る効果とは?”. 日刊SPA! (扶桑社). (2015年7月31日). http://nikkan-spa.jp/901614 2015年11月29日閲覧。 
  7. ^ “「たった4分」で話題のタバタトレーニング、その健康への効果とは?”. 日刊SPA! (扶桑社). (2015年11月25日). http://nikkan-spa.jp/988590 2015年11月29日閲覧。 
  8. ^ “「タバタ」に世界注目 立命大教授考案の短時間トレ”. 京都新聞 (京都新聞社). (2015年10月26日). http://www.kyoto-np.co.jp/sports/article/20151026000073 2015年11月29日閲覧。 
  9. ^ “一日4分で運動不足が解消できるタバタ式トレーニング、より短くても効果が得られることが判明!?”. 日刊SPA! (扶桑社). (2015年8月9日). http://nikkan-spa.jp/910105 2015年11月29日閲覧。 
  10. ^ 田畑 泉 『究極の科学的肉体改造メソッド タバタ式トレーニング』扶桑社、2015年7月2日。ASIN 4594072968ISBN 978-4594072964NCID BB19056216OCLC 918882956全国書誌番号:22596978ASIN B015GX9IS0Kindle版)。 

外部リンク[編集]