田村義也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

田村 義也(たむら よしや、1923年 - 2003年2月23日)は、日本の編集者装幀家

経歴[編集]

東京生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。1948年3月、初の公募社員として岩波書店に入社。当時の岩波では大卒社員が珍しかったため、かなりの反感と嫉妬を社内で受けたという[1]。同社で『世界』、『文学』などの編集長をつとめた。また書籍の装幀も手がける。装幀は独特の書体と風合いを持つ特徴的なもので、多くのファンをもつ。第13回講談社出版文化賞ブックデザイン賞受賞。1985年に岩波書店を退社。2003年に、骨髄異形成症候群により、79歳で死去したが、田村を偲ぶため『田村義也—編集現場115人の回想』が刊行された。

脚注[編集]

  1. ^ 寺田博編『時代を創った編集者101』p.184(新書館2003年

著書[編集]

参考文献[編集]

  • 『田村義也—編集現場115人の回想』 田村義也追悼集刊行会、2003年ISBN 978-4880083056