田尻惟信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
田尻惟信
時代 江戸時代中期から後期
生誕 延宝6年(1678年
死没 宝暦10年7月16日1760年7月26日
別名 幼名;又太郎。通称;惣馬、惣次、惣右衛門。俗称;鬼奉行
戒名 専徳院活山自道居士
墓所 山門郡瀬高町九品寺
官位 なし
主君 立花鑑虎鑑任貞俶貞則鑑通
筑後国柳河藩浪人→柳河藩。普請役
氏族 大神氏族田尻氏
父母 父;田尻惟貞(惣助)。母:村上氏。
大石勝助の娘
一男二女

田尻 惟信(たじり これのぶ )は江戸時代筑後国柳河藩の家臣で、一時期浪人となる。藩職は普請役[1]矢部川改修や回水路新設、柳河藩領の有明海海岸埋め立てや磯島、唐男、高碇井堰の新設などの土木事業に貢献。

は惟信。通称は惣馬、惣次、惣右衛門。家格は組外書院番。石高は100石。「田尻惣馬」で一般的に知られる。

経歴[編集]

立花鑑虎の時に組外書院番から、十時摂津組に転属し、16歳で扶持米を拝領。元禄8年(1695年)に江戸に上る。

元禄14年(1701年)に病気の為に暇をもらい浪人となり、宝永6年2月28日1709年)に以前と同じ扶持米をもらい再仕官する。後に城中普請役及び在方普請役に同時就任。

父・田尻惟貞[編集]

父の田尻惟貞永禄年間に立花道雪に仕えた田尻鑑春(河内守)から6代目の子孫という。惟信は惟貞の次男にあたる。通称は惣助。

元禄年間に柳河藩の普請役に就任し、柳河藩の領内絵地図の作成に従事。元禄8年(1695年)に、上妻郡北山村の曲り松から山下までの矢部川沿岸1300の千間土居の築堤工事が行われるが、この主任となる。

元禄10年(1697年)には藩命により藩主家別邸の御花畠(現在の立花氏庭園「御花」)を創設。

脚注[編集]

  1. ^ 他藩の普請奉行相当。宝暦年間まで柳河藩に奉行(後に中老)という職があり、それと混同を避けるためか、柳河藩役職名には「○○奉行」よりも「○○役」の方が多い

参考文献[編集]