田口掬汀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田口 掬汀
たぐち きくてい
誕生 田口 鏡次郎 たぐち きょうじろう
1875年1月18日
日本の旗 日本 秋田県仙北郡角館町
(現在の同県仙北市角館町)
死没 (1943-08-09) 1943年8月9日(68歳没)
職業 小説家劇作家美術評論家
国籍 日本の旗 日本
ジャンル 家庭小説新派劇美術評論
文学活動 金鈴社
代表作 小説
女夫波
伯爵夫人
外相夫人
戯曲
怪光
日本の恋
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

田口 掬汀(たぐち きくてい、1875年1月18日 - 1943年8月9日[1])は、日本の小説家劇作家美術評論家である[1]。本名は田口 鏡次郎(たぐち きょうじろう)。子息に画家の田口省吾、孫に小説家の高井有一[1]

人物・来歴[編集]

1875年(明治8年)1月18日秋田県仙北郡角館町(現在の同県仙北市角館町)に生まれる。[1]

角館の小学校を卒業し、商家に奉公するなどして、1900年(明治33年)ころ、雑誌『新声』への投稿が認められて上京、佐藤義亮の新声社(新潮社の前身)に入社[1]。編集・記者業務に従事する傍ら創作活動を開始した。

1903年(明治36年)朝報社に入社[1]。1904年『萬朝報』に小説『女夫波』を連載、1905年『伯爵夫人』を連載、これらの家庭小説で人気作家となった[1]。日本における本格的な映画製作が始まった1909年(明治42年)以降、これらは映画化されている。

川上音二郎一座の大阪・帝国座で座付作者に就任し[1]、『怪光』、『日本の恋』等の戯曲を手がけた。

1915年(大正4年)日本美術学院から美術雑誌『中央美術』を創刊。翌1916年結城素明鏑木清方吉川霊華平福百穂松岡映丘に呼びかけ、会合を開き美術団体「金鈴社」を結成、中央美術展覧会を創設[1]。1926年に開館した東京府美術館(東京都美術館の前身)の経営にもかかわる[1]

1943年(昭和18年)死去[1]。満68歳没。

孫の高井有一が掬汀を描いた小説『夢の碑』を書いている。

著書[編集]

国立国会図書館蔵書[2]

  • 『片男波』新声社、1901年7月
  • 『幻影』新潮社、1905年7月
  • 『極楽村』新潮社、1905年8月
  • 『情の人』隆文館、1905年9月
  • 『新生涯』金色社、1905年1月
  • 女夫波』金色社、1904-1905年
  • 『心の波』東京堂、1906年
  • 伯爵夫人』私家版、1905-1906年
  • 『悲劇熱血』日高有倫堂、1907年6月
  • 『黒風』春陽堂、1906-1907年
  • 『怪光』不振会、1908年6月
  • 『追恨』日高有倫堂、1908年1月
  • 『魔詩人』精華堂、1908年1月
  • 『独木舟』日高有倫堂、1908年9月
  • 『二葉草』日高有倫堂、1909年1月
  • 『猛火』日高有倫堂、1909年6月
  • 『新喜劇』日高有倫堂、1910年10月
  • 『伯爵夫人 終編』日高有倫堂、1910年6月
  • 『家の柱』日高有倫堂、1911年7月
  • 『第一人』春陽堂、1911年10月
  • 『北の国』日高有倫堂、1912年
  • 『明の空』献文堂、1915年
  • 『ふたおもて 前編』新潮社、1916年
  • 『明治文学全集 93』女夫波、筑摩書房、1969年

翻訳[編集]

  • 『婦人は結婚すべき乎』エルンスト・フォン・ウォルツォゲン(en:Ernst von Wolzogen)千葉秀浦共訳、新声社、1902年9月 

参考文献[編集]

  • 『近代文学研究叢書 第51巻』昭和女子大学近代文化研究所、1980年11月
  • 高井有一『夢の碑』新潮社、1976 

フィルモグラフィ[編集]

小説の映画化一覧。すべて原作。

[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 田口掬汀、『講談社 日本人名大辞典』、講談社 / 『美術人名辞典』、思文閣 / 百科事典マイペディア日立システムアンドサービスコトバンク、2009年12月2日閲覧。
  2. ^ OPAC NDL 検索結果、国立国会図書館、2009年12月2日閲覧。

外部リンク[編集]