田原八郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田原 八郎(たはら はちろう、1947年 - )は日本の民俗学者

来歴[編集]

「渡世民俗の精神」「新選組武士道」の著者。大阪府大阪市生まれ。

彼は日本民俗を「神事・農耕・渡世」の三つに分け取り分け「渡世」の民俗を研究の中心にしている。 相撲歌舞伎花柳侠客博徒渡り鳥魚屋人斬り医師などの渡世集団の存在を挙げ、新選組も「人斬り」の「剣戟戦闘渡世集団」と位置付けている。勧進相撲集団も運動競技興行渡世集団と見なし、古代からの伝承を批判的に検証している。