田中雅臣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田中 雅臣
(たなか まさおみ)
生誕 (1983-01-19) 1983年1月19日(35歳)
日本の旗 日本 愛知県
研究分野 赤外線天文学
多波長天文学
研究機関 数物連携宇宙研究機構
国立天文台
東北大学
出身校 東京大学
主な受賞歴 第28回井上研究奨励賞
プロジェクト:人物伝

田中 雅臣(たなか まさおみ、1983年1月19日 - )は、日本の天文学者。専門は、赤外線天文学、多波長天文学、超新星爆発輻射輸送博士(理学) (東京大学、2009年)。2018年現在、東北大学大学院理学研究科宇宙地球物理学科・天文学専攻准教授[1]愛知県生まれ。

経歴[編集]

業績[編集]

  • すばる望遠鏡を使い、大質量星が一生の最期に起こす「超新星爆発」がでこぼこした3次元構造をもっていることを明らかにする[2]

受賞[編集]

  • 2007年 東京大学理学系研究科研究奨励賞(修士)受賞[3]
  • 2010年 東京大学総長賞受賞[4]、東京大学理学系研究科研究奨励賞(博士)受賞[5]
  • 2012年 井上研究奨励賞(井上科学振興財団)[6]受賞
  • 2015年 日本天文学会研究奨励賞[7]受賞

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]