田中雄三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 雄三(たなか ゆうぞう、1942年昭和17年)4月2日 - )は、日本医学者精神科医。前鳴門教育大学学長。専門は臨床精神医学鳥取県鳥取市出身。

経歴[編集]

1971年鳥取大学医学部医学科卒業。1975年鳥取大学医学部附属病院助手、1987年に同大学医学部講師に就任。

1991年鳴門教育大学教授に就任。2010年に同大学の学長に就任。2016年に同大学の学長を退任。

著書[編集]

  • 『攻撃性の精神医学(分担)』(1984年医学書院
  • 『境界例治療に関する一考察-「ニセ自己」のすすめ』(1986年、鳥取大学医学部神経精神医学教室開講40周年記念論文集)
  • 『うつ病親和的病的嫉妬の構造と治療をめぐって』(1992年、中外医学社)
  • 『子どもの発達と教育(分担)』(1992年、ブレーン出版)

共著[編集]

  • 『症例に学ぶ精神科薬物療法』(狭間秀文:監修、1994年、日本アクセル・シュプリンガー出版)
  • 『生徒指導と心の教育-入門編-』(森谷寛之、2000年培風館
  • 『生徒指導と心の教育-実践編-』(森谷寛之、2001年、培風館)

関連項目[編集]

先代:
高橋啓
第6代 鳴門教育大学学長
2010年 - 2016年
次代:
山下一夫