田中礼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 礼(たなか ひろし、1931年 - )は、英文学者、日本近代文学研究者、京都大学名誉教授。

神戸市生まれ。1960年京都大学文学部英文科卒業。神戸大学助教授、京都大学教養部助教授、教授、95年定年退官、名誉教授、英知大学教授。日本ホイットマン協会会長、新日本歌人協会全国幹事。1978年『論攷 石川啄木』で新日本歌人協会賞、2011年の『啄木とその系譜』で岩手日報社啄木賞、渡辺順三賞受賞。 [1]

著書[編集]

  • 『論攷石川啄木』洋々社 1978
  • 『啄木とその系譜』洋々社 2002
  • 『時代を生きる短歌』かもがわ出版 2003
  • 『ウォルト・ホイットマンの世界』南雲堂 2005
  • 『啄木とその周辺 近代短歌史の一側面』洋々社 2011

注釈[編集]

  • 『ホイットマン詩選』注釈 研究社小英文叢書 1996

脚注[編集]

  1. ^ 『啄木とその周辺』著者紹介