田中殖一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
たなか ふいち
田中 殖一
生誕 (1907-01-01) 1907年1月1日
日本の旗 日本徳島県
死没 (2008-08-08) 2008年8月8日(101歳没)
日本の旗 日本・徳島県徳島市
国籍日本の旗 日本
職業実業家
活動期間1947年 - 2008年
著名な実績徳島製粉創業

田中 殖一(たなか ふいち、1907年明治40年〉1月1日 - 2008年平成20年〉8月8日)は、日本実業家徳島製粉創業者。徳島県出身。

生涯[編集]

1907年に徳島県で生まれる。1947年徳島製粉を設立[1]。自社ブランドの小麦粉「金鶴」を製造販売。元々は小麦粉をパン製造業者に卸していたが、「現状維持では成長しない」と1964年より即席麺の開発に転換させた[2]

1965年に即席麺「キンツルラーメン」を発売。1967年に「金ちゃんラーメン」に名称変更し、カップ麺「金ちゃんヌードル」等とともに全国で販売しテレビCMにも社長自ら出演(今いくよ・くるよ等と共演)し、お茶の間に知られた。

1970年黄綬褒章1976年に勲五等双光旭日章を受けた。1988年10月からは徳島商工会議所名誉議員に就任。徳島県製粉協会会長、全国製粉協議会副会長などを歴任。

1995年米寿を迎えた際には徳島製粉の敷地内に寿像を建設した[1]

100歳を超えても社長職に就いていたが、2008年8月8日心不全のため徳島市の病院で死去。101歳没。

脚注[編集]

関連項目[編集]