田中志津

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 志津(たなか しづ、1917年大正6年1月20日[1]- )は、日本の女性著作家日本文藝家協会会員。

年譜[編集]

  • 1917年大正6年) - 新潟県北魚沼郡小千谷町に生まれる。
  • 1966年(昭和41年) - 随筆日記「雑草の息吹」が「今日の佳き日は」としてNHKで放送される。
  • 2001年(平成13年) - 長女佐知がFM放送で『佐渡金山を彩った人々』を全編朗読。
  • 2003年(平成15年) - 長女佐知がFM放送で『冬吠え』を全編朗読。
  • 2005年(平成17年) - 佐渡金山に「田中志津文学碑」(佐渡金山顕彰碑)が建立される。
  • 2010年(平成22年) - 新潟県小千谷市船岡公園に「田中志津生誕之碑」が建立される。[2]
  • 2011年(平成23年) - 福島県いわき市の入院先病院で東日本大震災罹災[3]
  • 2013年(平成25年) - 『田中志津全作品集』武蔵野書院より刊行。

作品一覧[編集]

  • 『信濃川』(1971年、光風社書店
  • 『遠い海鳴りの町』(1977年、光風社書店)
  • 『佐渡金山の町の人々』(1990年)
  • 『冬吠え』(1991年、光風社出版)
  • 『佐渡金山を彩った人々』(2001年、新日本教育図書)
  • 『田中志津全作品集』(2013年、武蔵野書院
  • 『志津回顧録 短歌と随筆で綴る齢97の光彩』武蔵野書院 2014
  • 『年輪 随筆集』武蔵野書院 2015
  • 『雲の彼方に 歌集』KADOKAWA 2015
  • 『田中志津執筆の系譜 作家・田中志津が自身の作品について語る』武蔵野書院 2016
共著
  • 『邂逅の回廊(コリドー) 田中志津・行明交響録』田中行明共著 武蔵野書院 2014

脚注[編集]

  1. ^ 『文藝年鑑』2016
  2. ^ 小千谷に文学の灯を~「田中志津生誕の碑」建立~ - 小千谷市ホームページ” (日本語). 小千谷市役所. 2018年9月10日閲覧。
  3. ^ 『文藝家協会ニュース』2017年12月「百寿を迎えられた会員」