田中実 (画家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 実(たなか みのる、1923年 - )は、愛知県出身の洋画家浦和画家のひとり。光風会名誉会員。

人物[編集]

水彩画を主に描いた。父の死後6歳で浦和に転居。埼玉県師範学校本科を卒業し、小学校教師となる。復員後、23歳で水彩連盟研究所に通い、小堀進春日部たすく荒谷直之助に学んだ。25歳で寺内萬治郎に師事し光風会日展に出品[1]

寺内の没後は渡辺武夫に師事。小学校教員退職後は絵画制作に専念し、日展岡田賞や水彩連盟展の小堀進賞などを受賞。それまでの業績に対し、埼玉文化賞、浦和市文化栄誉賞を受賞した。 作品の一部は埼玉県立近代美術館に収蔵されている。

経歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 埼玉の画家たち さきたま出版会 2000年

関連項目[編集]