田中啓二 (生物学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 啓二(たなか けいじ、1949年4月10日 - )は、日本生物学者。東京都医学総合研究所理事長所長ハーバード大学のAlfred L. Goldbergとともにプロテアソームを発見した。日本学士院賞等を受賞。文化功労者選出。

人物・経歴[編集]

徳島県で元職業軍人の子として生まれる。1968年徳島県城北高等学校卒業[1]。1972年徳島大学医学部栄養学科卒業。市原明に師事し、1974年徳島大学大学院栄養学研究科修士課程修了。1976年徳島大学大学院医学研究科博士課程中退、徳島大学酵素研究施設助手。1980年徳島大学医学博士。1981年から1983年までハーバード大学医学部生理学部門に研究員として留学[1][2][3]

1995年徳島大学酵素科学研究センター助教授に昇格。1996年東京都臨床医学総合研究所分子腫瘍学研究部門部長。1998年東京大学大学院新領域創成科学研究科連携講座教授。2002年東京都医学研究機構東京都臨床医学総合研究所副所長。2006年東京都医学研究機構東京都臨床医学総合研究所所長代行。2011年東京都医学総合研究理事長兼所長、日本学術会議会員[1][2][4]。この間、東京医科歯科大学客員教授お茶の水女子大学客員教授、順天堂大学客員教授、新潟大学客員教授[5]、徳島大学客員教授などを歴任した[6]

栄典・受賞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]