田中吉信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
田中 吉信
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 天正15年(1587年
死没 慶長11年1月20日1606年2月26日
または慶長15年6月29日1610年8月17日
別名 則政
戒名 陽壽院殿龍岳道雲大居士
墓所 柳川市宋安寺、のちに久留米市北野町西方寺に移し、墓石は二ヶ所とされていたが、善導寺でも墓碑が確認された。
官位 主膳正
筑後国
氏族 田中氏
父母 父:田中吉政
兄弟 吉次康政忠政吉信、女(中原師廉室)

田中 吉信(たなか よしのぶ)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将柳河藩(筑後国)初代国主・田中吉政の二男[1]

生涯[編集]

天正15年(1587年)、田中吉政の二男として誕生したといわれる。

慶長6年(1601年)、父・吉政が筑後国主となると、支城である久留米3万石の筑後久留米城主となった。慶長8年(1603年)、柳川から久留米に至る道路の整備をはじめ城下町の形成も行った。

慶長11年(1606年)1月20日、小姓を手討ちにしようとして、逆に斬られて死去した。家人を手打ちにするという嗜好があったとされ、吉信が返り討ちに遭う前にすでに53人が犠牲になっていたとされる[2]。ただし、『江戸10万日全記録』は逸話文に近いので、他の資料がないので、歴史的には立証がない。なお、『筑後志』によれば、家臣を手打ちにする際に誤って自分の膝を傷つけ、その傷が癒えないまま近侍の者と相撲をとったため、破傷風になって満19歳で死亡したという[3]。死亡した年も年齢も異なっており、どちらが正確かははっきりしない。

田中吉信の乳母が、弔うために柳川市宋安寺にお堂を立て、乳母が亡くなった後、お堂が妙経寺となる。田中氏の改易後、柳河藩久留米藩とに分かれたので、北野町の西方寺に移し墓を建てたとされる。近年、浄土宗大本山善導寺(福岡県久留米市善導寺町飯田550)でも墓碑が確認された。

参考文献

  • 篠原正一『久留米人物誌』(久留米人物誌刊行委員会、1981年)

脚注[編集]

  1. ^ 篠原(1981年)。同書では田中康政を三男、田中忠政を四男とする。
  2. ^ 『江戸10万日全記録』 明田鉄男 編著, 雄山閣, 2003年, P.14
  3. ^ 篠原(1981年)、p.312