田中忠政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
田中 忠政
生誕 天正13年(1585年
死没 元和6年8月7日1620年9月3日
戒名 陽嶽院殿傑岫玄英大居士
墓所 諏訪山吉祥寺
官位 従五位下隼人正、従四位下筑後守、侍従
主君 徳川秀忠
筑後国柳河藩
氏族 田中氏
父母 父:田中吉政 母:国友与左衛門女・妙寿院
兄弟 吉次吉信吉興忠政、女(中原師廉室)
正室:徳川家康養女(松平康元女)・久松院

田中 忠政(たなか ただまさ)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将大名筑後の第2代国主。 供養塔が千光寺(久留米市山本町)にある。 また、お位牌が浄土宗 大本山 善導寺(福岡県久留米市善導寺町飯田)に祀られている。

生涯[編集]

天正13年(1585年)、田中吉政の四男として近江にて誕生。

早くから父の策略で江戸徳川家康のもとへ人質として送られ、このとき、家康の計らいで従五位下隼人正となる。また、慶長10年(1605年)には江戸幕府2代将軍徳川秀忠の上洛に随行した。

慶長14年(1609年)4月3日、父の死により家督を継ぐ。これは、忠政が家康と親しかったことに加え、長兄の吉次が父の勘気を受けて追放され、次兄の吉信は亡くなっていて〔没年慶長15年(1610年)説もあり〕、三兄の吉興も病弱とし、家督を継いだのである。ちなみに同年、秀忠の計らいで従四位侍従となる。

その後は江戸城西の丸の普請、柳河の開拓などで功を顕す。慶長19年(1614年)からの大坂の陣では、冬の陣において徳川方として参戦し、翌年の夏の陣でも徳川方として参戦しようとしたが、家臣団の一部で旧主の豊臣氏に与するべきという反論が起こり、さらに財政難などもあって遅参した。このため、駿河にいる家康に謝罪し罪は許されたが、代償として7年間の江戸滞留を命じられた。元和2年(1616年)、家康が死去すると領内の山本郡善導寺に東照権現宮(東照宮に相当)を勧請した[1]。一方で、父と同じくキリスト教に大きな興味を示して信者を手厚く保護し、家臣の一人がキリシタンを殺害したのを知って激怒しその家臣を即座に処刑したほどであった。

元和6年(1620年)8月7日、36歳で死去した。嗣子が無く、柳河藩田中氏は無嗣断絶となり改易された。幕府の禁教令の中でキリスト教を保護したのは稀有なことであり、その件が幕府の不興を買って改易に結びついたとの指摘もある。忠政の遺骸は神田吉祥寺に葬られたが、甲冑を著して埋葬されたという記述がある。また、供養塔が龍護山千光寺(久留米市)にある[2]

なお、忠政の死後、三兄・吉興は近江に2万石を与えられ、田中氏の名跡を継いだ。

名古屋城の石垣建設に携わる。

参考文献[編集]

  • 『秀吉を支えた武将田中吉政―近畿・東海と九州をつなぐ戦国史―』市立長浜城歴史博物館、岡崎市美術博物館、柳川古文書館編 サンライズ出版 2005年 ISBN 4-88325-284-1
  • 半田隆夫『田中吉政公とその時代』[1](SNK電子図書館[2]蔵)
  • 中野等『筑後国主 田中吉政・忠正』柳川市 2007年

脚注[編集]

  1. ^ 「日本歴史地名大系 福岡県の地名」
  2. ^ 忠政は曹洞宗に改宗した。