田中信二 (ライター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中信二(たなか しんじ)とは、テーブルトークRPGをメインとする日本のライター、編集者、DTPデザイナー。ファーイースト・アミューズメント・リサーチ(F.E.A.R.)所属。一般にはかわたなという通称でのテーブルトークRPGリプレイへの参加で知られる。

略歴[編集]

大学在学中から『RPGマガジン』でライター活動を始め、鈴吹太郎の知遇を得る。卒業後F.E.A.R.に加わる。2005年10月から2012年8月までF.E.A.R.が発行する『ゲーマーズ・フィールド』の編集長を務めた。

メディアへの初露出は、田中としひさエッセイ漫画『おこんないでね』の登場人物としてである。『LOGOUT』1993年12月号に掲載の第7回で田中としひさの無茶な要望に悩むゲームマスターとして出演したが、このとき既に「かわいそうな」田中君、と紹介されている。

公式リプレイへの出演は『三國志演技』のリプレイが初めてである[1]

プレイヤーとして多数のリプレイに出演していたものの、田中自身がゲームマスター(兼リプレイライター)を務めるリプレイは長らく出版されていなかった。初めてメディアに公開された田中GMによるリプレイは2005年の『ナイトウィザード』リプレイ「幼年期の終わり」と『スターレジェンド』リプレイ「そして、蒼き星へ」 である。なお、リプレイライターとしてのデビューは早く、『RPGマガジン』1994年5月号に読者参加リプレイ企画「無限のきらめき」の一環として掲載された『トーキョーN◎VA』リプレイ「支配者の逃亡」が処女作となる[2](「田中信二と怪兵隊」名義)。

2008年には、『ゲーマーズ・フィールド』に連載された『アルシャード・フォルティッシモ』リプレイ「時計仕掛けの破壊神」が田中にとって初の書籍としてエンターブレインから出版された。

2009年には富士見書房より『アリアンロッド・サガ・リプレイ・デスマーチ』を発表している。これは『アリアンロッド・サガ・リプレイ』第3巻においてストーリー展開が変更された影響をフォローするために、田中の上司に当たるたのあきらが急遽立案したもので、田中はたのの指名[3]によりGM兼リプレイライターを担当した。『デスマーチ』は当初続刊の予定はなかったが、好評を得て[4]シリーズ化されている。

人物像[編集]

「かわたな」という通称は「かわいそうな田中」の略で、たのあきらによる命名である[5]。鈴吹太郎によれば、田中はF.E.A.R.入社以前から他人のしわ寄せ(本来の予定にはなかった仕事が、締切りが迫った時期に田中に持ち込まれる、など)を受けやすかったという[2]菊池たけしは「『こいつなら何とかしてくれる』という期待があっての『かわいそう』」と述べている。

セブン=フォートレス』では田中をモデルとし[6]、「かわいそう」という特殊能力を持つアナタワックという名称のエネミーが登場する(「かわたな」をローマ字表記し(Kawatana)、逆から読むとアナタワック(Anatawak)となる)。『ナイトウィザード The ANIMATION』第9話では、魔王ベール=ゼファーの攻撃によって撃沈される護衛艦の名前として「かわたな」が使用された。

現在[いつ?]の田中は、F.E.A.R.社員としてルールブックやサプリメントの編集、DTPデザイン、原稿執筆、スケジュール管理など多岐な仕事を行っている。その激務は自身や他者のリプレイでよくネタになるが、本人曰く「大変というよりは楽しいことのほうが多い」という[7]。「時計仕掛けの破壊神」のあとがきでは、自身の性格について「どちらかというと好奇心旺盛なほう」と評し[7]、F.E.A.R.で様々な仕事を手がけているのもそのおかげだと記している[8]

リプレイへの参加は主にプレイヤーとしてであり「F.E.A.R.社の“ザ・主人公”」(菊池たけし[9]) 「PC1の達人」(田中天[10]) と評されるように主人公的な立ち回りのキャラクターを多数演じてきた。また、言動のおかしな変人的キャラクターを演じてコメディ役を担当することも多い。

ゲームマスターとしては、敵方の意図やラスボスの弱点などでプレイヤーに推理力を要求し、クライマックスでの戦闘は厳しい傾向が見られる(特に「時計仕掛けの破壊神」「アリアンロッド・サガ・リプレイ・デスマーチ」で顕著である)。またセッションメンバーはほぼ固定されており、「幼年期の終わり」のメンバーである鈴吹、菊池、たの、藤井忍を基本に1名入れ替える程度である(「翼の折れた愛と青春」などの例外はあるが)。

作品一覧[編集]

下記以外に、F.E.A.R.によるTRPGのルールブックやサプリメントの多数にDTPデザインとして記載されている。

リプレイ執筆(ゲームマスター兼任)[編集]

リプレイ執筆[編集]

プレイヤー[編集]

田中がプレイヤーとして参加したリプレイ作品の使用したシステム別の一覧。括弧内は田中が演じたプレイヤーキャラクターの名前。

その他[編集]

  • ナイトウィザード The ANIMATION 第3巻 オーディオコメンタリーTRPG編 出演

参考文献[編集]

  • 菊池たけし『ナイトウィザードソースブック ロンギヌス』エンターブレイン、2005年。ISBN 4-7577-2231-1
  • 菊池たけし『ナイトウィザードリプレイ 白き陽の御子エンターブレイン、2006年。ISBN 4-7577-2556-6
  • 菊池たけし『セブン=フォートレス・リプレイ シェローティアの空砦(1) 惨劇の冥魔王』エンターブレイン、2009年。ISBN 978-4-7577-5046-3
  • 田中天『ナイトウィザード The 2nd Edition リプレイ 愛はさだめ さだめは死』エンターブレイン、2008年。ISBN 978-4-7577-3923-9
  • 田中としひさ『おこんないでね』アスキー、1996年。ISBN 4-7561-1211-0
  • 『ゲーマーズ・フィールド別冊 Vol.21 かわいそうとはこういうことだ』ゲーム・フィールド、2011年。ISBN 978-4-86224-061-3

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『おこんないでね』第23回で公式リプレイ用セッションに参加している姿が描かれている。なお、『かわいそうとはこういうことだ』に掲載された「かわたなPC人気投票」結果リストには、このPCは掲載されていない。
  2. ^ a b 『かわいそうとはこういうことだ』、7ページ。
  3. ^ 『アリアンロッド・サガ・リプレイ・デスマーチ 死んで花実が咲くものか!』、18-29ページ。
  4. ^ 『アリアンロッド・サガ・リプレイ・デスマーチ(2) 愛はお金で買えません!』、361ページ。
  5. ^ 『ナイトウィザードソースブック ロンギヌス』、19ページ。
  6. ^ 『セブン=フォートレス・リプレイ シェローティアの空砦(1) 惨劇の冥魔王』、209ページ。
  7. ^ a b 『かわいそうとはこういうことだ』、11ページ。
  8. ^ 『時計仕掛けの破壊神』、504ページ。
  9. ^ 『ナイトウィザードリプレイ 白き陽の御子』、26ページ。
  10. ^ 『ナイトウィザード The 2nd Edition リプレイ 愛はさだめ さだめは死』、20ページ。
  11. ^ 初出は『ナイトウィザード』(ルール第1版)サプリメント『ロンギヌス』。 ISBN 4-7577-2231-1
  12. ^ 初出は『ゲーマーズ・フィールド別冊』Vol.22『SRS'11』。
  13. ^ Episode05を除く。