田中二郎 (人類学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 二郎(たなか じろう、1941年1月15日[1] - )は、日本の生態人類学者、京都大学名誉教授。

来歴[編集]

京都府出身[1]1964年、京大理学部動物学科卒。1970年東京大学大学院文化人類学専攻修士課程修了。1974年、「セントラル・カラハリ・ブッシュマン 生態人類学的研究」で京大理学博士1976年、京大霊長類研究所助教授。1981年弘前大学人文学部教授。1986年、京大アフリカ地域研究センター教授。2004年、定年退官、名誉教授。

著書[編集]

  • ブッシュマン 生態人類学的研究 思索社 1971
  • 砂漠の狩人 人類始源の姿を求めて 中央公論社 1978.7 (中公新書)
  • The San Hunter-Gatherers of the Kalahari: A Study in Ecological Anthropology(Translated by David W. Hughes) University of Tokyo Press 1980
  • 最後の狩猟採集民 歴史の流れとブッシュマン どうぶつ社 1994.4
  • ブッシュマン、永遠に。 変容を迫られるアフリカの狩猟採集民 昭和堂 2008.11
  • The Bushmen: A Half-Century Chronicle of Transformations in Hunter-Gatherer Life and Ecology(Translated by Minako Sato) Kyoto University Press & Trans Pacific Press 2014

共編著[編集]

  • 生態学講座 25 人類の生態 大塚柳太郎,西田利貞共著 共立出版 1974
  • 自然社会の人類学 アフリカに生きる 伊谷純一郎共編著 アカデミア出版会 1986.3 (人間の探検シリーズ)
  • 災害と人間行動田中重好,林春男 共編著 東海大学出版会 1986.10
  • ヒトの自然誌 掛谷誠共編 平凡社 1991.2
  • 続自然社会の人類学 変貌するアフリカ掛谷誠,市川光雄,太田至共編著 アカデミア出版会1996.6(人間の探検シリーズ)
  • カラハリ狩猟採集民 過去と現在 京都大学学術出版会 2001.10 (講座・生態人類学)
  • 遊動民ノマッド 佐藤俊,菅原和孝,太田至共編著 昭和堂 2004.4

監修[編集]

翻訳[編集]

  • 遊牧の戦士たち エリザベス・M.トーマス 向井元子共訳 思索社 1979.10
  • 異文化への適応 アフリカの変革期とムブティ・ピグミー コリン・M.ターンブル 丹野正共訳 CBS出版 1985.8

脚注[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.328

参考[編集]

  • J-Global