小田英郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小田 英郎(おだ ひでお、1933年3月30日[1] - )は、日本政治学者慶應義塾大学名誉教授。専門は、アフリカ政治

東京都世田谷区生まれ[1]東京都立青山高等学校を経て、慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程単位取得満期退学。慶應義塾大学法学部教授、敬愛大学教授、同学長を歴任。

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

編著[編集]

  • 『70年代南部アフリカの政治・経済変動――南ア共和国・ローデシア・ナミビアを中心にして』(アジア経済研究所, 1981年)
  • 『第三世界の政治――比較地域政治論』(放送大学教育振興会, 1988年)
  • 『アフリカの21世紀(3)アフリカの政治と国際関係』(勁草書房, 1991年)

共編著[編集]

訳書[編集]

  • B・I・シュウォルツ『中国共産党史――中国共産主義と毛沢東の抬頭』(慶應通信, 1964年)
  • G・W・シェパード『アフリカ民族主義の政治的構造』(慶應通信, 1966年)
  • J・マケ『アフリカ――その権力と社会』(平凡社, 1973年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.307