甦る世界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
甦る世界
L'ISOLA DI NIENTE (イタリア語盤)
THE WORLD BECAME THE WORLD (英語盤)
P.F.M.スタジオ・アルバム
リリース
録音 1973年11月-1974年2月
ジャンル プログレッシブ・ロック
時間
レーベル Numero Uno (イタリア語盤)
マンティコア・レコード (英語盤)
プロデュース P.F.M.
クラウディオ・ファビ
専門評論家によるレビュー
P.F.M. 年表
幻の映像
(1973)
甦る世界
(1974)
クック
(1975)
テンプレートを表示

甦る世界』(よみがえるせかい)は、P.F.M.のアルバム。イタリア語盤と英語盤が存在し、別々の題名がつけられているが、国内盤の題名はどちらも『甦る世界』になっている。

概要[編集]

幻の映像』に続いて制作されたアルバム。1973年11月~翌年2月にロンドンのアドヴィジョン・スタジオで英語盤を録音しているが、1月に一旦イタリアに持ち帰り、ミラノのフォノラマ・スタジオでイタリア語盤として追加制作を行い、両者とも1974年5月にリリースしている。日本では当初英語盤(LP)のみ正式にリリースされ、イタリア語盤は輸入盤のみだった。逆にCDは1991年にイタリア語盤のみ国内盤(キングレコード:KICP-89)としてリリースされ、英語盤は輸入盤のみだったが、2000年ビクターエンタテインメントから国内盤がリリースされた。

イタリア語盤[編集]

  1. 幻の島(マウンテン) - L'ISOLA DI NIENTE (10:42)
  2. 困惑 - IS MY FACE ON STRAIGHT (6:38)
  3. 新月(原始への回帰) - LA LUNA NUOVA (6:21)
  4. ドルチッシマ・マリア(通りすぎる人々) - DOLCISSIMA MARIA (4:01)
  5. ルミエール通り(望むものすべては得られない) VIA LUMIERE (7:21)
  • 題名:L'ISOLA DI NIENTE
  • 括弧内の題名は英語盤と対応したもの。
  • 各曲の演奏時間はCD(KICP 2702)より。
  • 歌詞はマウロ・パガーニによるイタリア語。ただし2曲目だけはピート・シンフィールドによる英語詞。

英語盤[編集]

  1. マウンテン - The Mountain (10:44)
  2. 通りすぎる人々 - Just Look Away (4:00)
  3. 甦る世界 - The World Became The World (4:48)
  4. 原始への回帰 - Four Holes in the Ground (7:25)
  5. 困惑 - Is My Face on Straight (6:38)
  6. 望むものすべては得られない - Have Your Cake and Beat it (7:21)

なお、英語盤の表題曲は、イタリアでのファースト・アルバム『幻想物語』に収録/シングルカットされた"9月の情景"を英詞/別アレンジで再録音したもので、イタリア語盤には収録されていない。