生涯スポーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

生涯スポーツ(しょうがいスポーツ、英語: lifelong sport)とは、その生涯を通じて、健康の保持・増進やレクリエーションを目的に「だれもが、いつでも、どこでも気軽に参加できる」[1]スポーツをいう。

概要[編集]

都市化少子化などによって外遊びの機会が減少し、体力が低下している乳幼児・児童[2]から、高齢化社会における生きがいを求める高齢者まで、幅広い年代層を対象とするほか、障害者スポーツもこの範疇に含まれる。[3]一般に、生涯スポーツは競技スポーツよりも運動強度が低いのが特徴で、既存のスポーツに加えて、体力に過剰な負荷をかけることなく気軽に行える、さまざまなニュースポーツも考案されている。

文部科学省にはスポーツ・青少年局に生涯スポーツに関する行政を管轄する部署として生涯スポーツ課がある。同省は「国民のだれもが、いつでも、どこでも、いつまでもスポーツに親しむことができる生涯スポーツ社会の実現」のための最重要施策として総合型地域スポーツクラブの全国展開を挙げている。[4]。他方、日本レクリエーション協会をはじめとする関連団体は、レクリエーションを含むさまざまな生涯スポーツの普及・啓発とその指導者育成に関する事業を行っている。

生涯スポーツがさかんなスポーツおよび協会[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 保健体育審議会 (1989年11月21日). “21世紀に向けたスポーツ振興方策について(答申) (pdf)”. 2009年1月14日閲覧。
  2. ^ 日本レクリエーション協会. “子どもの体力低下の原因”. 「子どもの体力向上」ホームページ. 2009年1月14日閲覧。
  3. ^ 保健体育審議会 (1997年9月). “スポーツと生涯にわたるスポーツライフの実現”. 生涯にわたる心身の健康の保持増進のための今後の健康に関する教育及びスポーツの振興の在り方について(答申). 2009年1月14日閲覧。
  4. ^ 文部科学省 (2007年). “スポーツの振興と心身の健やかな発達に向けて:生涯スポーツ社会の実現”. 平成19年度文部科学白書. 2009年1月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]