生活交通バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

生活交通バス(せいかつこうつうバス)は、愛知県一宮市が運行していたコミュニティバスである。スイトトラベル(本社岐阜県大垣市)に委託されていた。現在はi-バスに統合されている。

概要[編集]

路線は2路線。千秋町コースと大和町萩原町コースがある。

千秋町コースは1日7本、大和町・萩原町コースは1日10本運行する。12月27日 - 1月3日を除く毎日運行。

i-バスとは異なり、manacaは使用できない。

千秋町コース[編集]

愛称は「千秋ふれあいバス」。運賃は200円均一(小学生は100円)。

かつての名鉄バス千秋線(2002年廃止)に準じた路線である。

  • 尾張一宮駅 → 市民病院南 → 赤見 → ウキナオ → 穂積塚本 → 千秋病院 → 穂積塚本 → ウキナオ → 赤見 → 市民病院南 → 尾張一宮駅

大和町・萩原町コース[編集]

愛称は「ニコニコふれあいバス」。運賃は200円均一(小学生は100円)。

  • 名鉄一宮駅 → 山下病院 → 大和団地 → 西宮重 → 西御堂東 → 萩の里 → 大和団地 → 名鉄一宮駅

沿革[編集]

  • 2007年(平成19年)11月1日 - 運行開始
  • 2010年(平成22年)4月1日 - 中ドア乗車、前ドア降車に乗降方法を変更。i-バスとの共通回数券を発売開始。
  • 2013年(平成25年)10月1日 - ダイヤ改正
  • 2016年(平成28年)4月1日 - 生活交通バスをi-バスに統合。「ふれあいバス」の愛称とスイトトラベルへの運行委託を継続[1]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 千秋町コース、大和町・萩原町コース(旧生活交通バス)について|一宮市公式サイト - ウェイバックマシン(2019年4月1日アーカイブ分)


関連項目[編集]

外部リンク[編集]