瓜生正美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

瓜生 正美(うりゅう まさみ、1924年11月30日[1] - )は福岡県若松市(現・北九州市若松区)出身の劇作家・演出家。青年劇場顧問。旧制第五高等学校卒業、九州大学中退[1]

人物[編集]

  • 1944年学徒出陣兵役に就いたが、戦後は復員となり、福岡を拠点に火野葦平らと劇団「かもめ座」を旗揚げ、演劇活動を始める。1951年に東京を拠点に「東京創作座」を経て1964年に俳優・演出家併せて8人が青年劇場を結成し、初代代表として1997年まで務める。同劇団の脚本・演出家を担当したが、代表を退き現在は顧問として務めている。
  • 2005年本多劇場流山児★事務所公演「戦場のピクニック・コンダクタ」で80歳にて初舞台を踏み話題を集めた。

役職[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.534

外部リンク[編集]