瑞浪Mio

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

瑞浪Mio(みずなみ みお)は、岐阜県瑞浪市にある瑞浪市化石博物館イメージキャラクター

概要[編集]

瑞浪市の文化啓発キャラクター、そして瑞浪市化石博物館のイメージキャラクターとして2010年10月6日に誕生した。名前のMio(ミオ)は瑞浪市に広がる1700万年前の地層の時代(Miocene:マイオシーン)から付けられている。作画は「4コマnanoエース」に2011年3月9日より掲載されている『ぶらっくろっくちゃん』の作者「ringo」が担当。

キャラ設定[編集]

瑞浪市に住む化石が大好きな13歳の女の子。化石の楽しさや瑞浪市文化を伝えたり、イベントの告知をしたりと博物館だけでなく皆のアイドル萌えキャラを目指している。

Mioが手に連れているのは、瑞浪市からも発見されている化石哺乳類デスモスチルスをモチーフにしたキャラクター、「デスモ」。従来、「デスモくん」として描かれたマスコットキャラクターをもとに、Mioのデザインと合わせて描き直された。従来の「デスモくん」と区別するために、「デスモ」として表記するのが正確である。

Mioが首にしているのはビカリアのネックレスで、デスモはその中身の化石「おさがり」を身につけている。また、髪留めにはデスモスチルスのをイメージしたものをつけており、古生物学者も納得する細部へのこだわりが見られる。腰には化石採取用のハンマータガネものさしを装備。

二次創作も公認されているため、様々な絵師によるイラストが描かれている。

活動[編集]

  • 2010年
    • 10月6日 瑞浪市公認キャラとしてデビュー。
    • 10月7日 半原文楽のPRで地域新聞に掲載。
    • 11月3日 岐阜県文楽・能大会の宣伝としてマンガを配布。半原 文(はんばら あや)、文楽保存会会長も新たなキャラクターとして登場。
    • 12月19日 博物館の来館記念用としてラミネートカードを無料配布。
  • 2011年
    • 4月5日 瑞浪市コミュニティバスにMioのステッカーを貼りPR。
    • 5月1日 化石図鑑も兼ねたMioの缶バッチを販売開始。Mioのイラストは5人の絵氏(ringo、茶みらい、ゆ~のす、美月めいあ、松本結)が担当。カラーは赤、ピンク、黒、青、黄。
    • 7月1日 Mioのイラスト展が開催。計18人の絵師が参加(ringo、久正人、茶みらい、美月めいあ、ゆ~のす、松本結樹、akira、Kumata、いちかわしょうご、斉藤樹、戦ピー、中島真理、ちおり、AL Hachino、Meribenni、赤井さしみ、うまるつふり、佐武原)。
    • 8月17日 MioのイメージBGMがニコニコ動画YouTubeに公開される。「瑞浪Mioテーマソング」(戦ピー 作曲)
    • 8月19日 博物館プロモーションビデオ製作のため、Mioとデスモに声があてられる。キャストはMioが野中藍、デスモは瑞浪市に住む中学生が担当。
    • 10月8日 博物館プロモーションビデオ公開。常設展とYoutubeにて見ることができる。
      • 「瑞浪市化石博物館映像コンテンツ1/2展示室編」、「瑞浪市化石博物館映像コンテンツ2/2野外学習地編」
        • 企画・製作:瑞浪市化石博物館
        • キャラクター原案:ringo
        • 編集・アニメーション製作:紺野大樹
        • 曲:戦ピー
        • キャスト:野中藍、工藤由加里、伊藤ひより
  • 2017年
    • ミュージアム キャラクター アワード 2017で、4位となる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]