ビカリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビカリア属 Vicarya
生息年代: 始新世中新世
Vicarya japonica
Vicarya japonica大阪市立自然史博物館
保全状況評価
絶滅(化石
地質時代
始新世 - 中新世
分類
: 動物界 Animalia
: 軟体動物門 Mollusca
: 腹足綱 Gastropoda
亜綱 : 直腹足亜綱 Orthogastropoda
上目 : 新生腹足上目 Caenogastropoda
: 吸腔目 Sorbeoconcha
亜目 : Cerithiimorpha
: キバウミニナ科 Potamididae
: ビカリア属 Vicarya
学名
Vicarya
d'Archiac and Haimes, 1854

ビカリア学名: Vicarya)は、吸腔目キバウミニナ科ビカリア属に分類される巻貝の総称。新生代第三紀に繁栄したが現在は絶滅しており、各地で化石として産出する。

内部がケイ酸で置換されたものを「月のおさがり」という。

形態・生態[編集]

殻長10cmほどの円錐形の巻貝で、キバウミニナ科の現生種であるキバウミニナセンニンガイフトヘナタリなどに似ている。殻の表面には太い螺肋角状突起がある。

分布・生育地[編集]

新生代第三紀の始新世から中新世にかけての地層から産出し、示準化石として重要である。

世界中の熱帯 - 亜熱帯に分布し、マングローブなどの汽水域に分布していた。日本も当時は熱帯 - 亜熱帯気候だったと考えられており、各地で化石が発見されている。

下位分類[編集]

  • ヤマトビカリア Vicarya callosa japonica Yabe et Hatai, 1938
  • ヤベビカリア Vicarya yabei Kamada, 1960
  • Vicarya yatuoensis Yabe et Hatai, 1938
  • ヨコヤマビカリア Vicarya yokoyamai Takeyama, 1933

近縁種[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]