琴電琴平駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
琴電琴平駅
駅舎
駅舎
ことでんことひら
Kotoden-Kotohira
K20 榎井 (1.3km)
香川県仲多度郡琴平町字川東360番地22
駅番号  K21 
所属事業者 高松琴平電気鉄道
所属路線 琴平線
キロ程 32.9km(高松築港起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
1,447[1]人/日
-2015年-
開業年月日 1927年(昭和2年)3月15日
乗換 琴平駅JR土讃線
テンプレートを表示

琴電琴平駅
配線図

榎井駅

ENDEa STR
STR STR
ABZg3
ABZg+1
STR+BSl STR+BSr
STR+BSl
STR+BSr
ENDEe+BSl ENDEe+BSr
BUILDING

琴電琴平駅(ことでんことひらえき)は、香川県仲多度郡琴平町にある高松琴平電気鉄道琴平線

IruCa取り扱い窓口・IruCa定期券窓口がある。

歴史[編集]

開業当時は金刀比羅宮の玄関口として2階建ての規模の大きな駅舎が建築された。2階にはレストラン(当初は直営、後に委託)が入っていたが第二次大戦中に閉店した。戦後も長らく駅舎はそのままであったが改築されて現在に至る。

  • 1927年昭和2年)3月15日 - 琴平電鉄の琴平駅として開業。
  • 1942年(昭和17年) - 琴電琴平駅に改称。なお、40-42年の間に琴平参宮電鉄琴平駅が琴参琴平駅に、琴平急行電鉄電鉄琴平駅が琴急琴平駅に改称され、琴平に集まる駅の駅名が整理された[2]
  • 1943年(昭和18年)11月1日 - 会社合併により高松琴平電気鉄道琴平線の駅となる。
  • 1988年(昭和63年)5月26日 - 現駅舎の供用開始。

駅構造[編集]

1面2線のホームをもつ地上駅。 高松築港寄りに留置線がある。

のりば[編集]

のりば
乗り場 路線 方向 行先
1・2 琴平線 上り 瓦町高松築港方面

駅本屋はホーム頭端にある。


利用状況[編集]

列車別改札となっており、発車10分前より改札が始まる。休日はそれなりに賑わうが、平日はあまり混雑しない。

1日乗降人員推移 [1]
年度 1日平均人数
2011年 1,251
2012年 1,266
2013年 1,354
2014年 1,441
2015年 1,447

駅周辺[編集]

琴平駅の位置関係黒:日本国有鉄道 琴平駅赤:高松琴平電鉄 琴電琴平駅緑:琴平参宮電鉄 琴参琴平駅(廃止)藤:琴平急行電鉄 琴急琴平駅(廃止)
琴平駅の位置関係
黒:日本国有鉄道 琴平駅
赤:高松琴平電鉄 琴電琴平駅
緑:琴平参宮電鉄 琴参琴平駅(廃止)
藤:琴平急行電鉄 琴急琴平駅(廃止)

隣の駅[編集]

高松琴平電気鉄道
琴平線
榎井駅 - 琴電琴平駅

参考文献[編集]

  1. ^ a b 国土数値情報(駅別乗降客数データ) - 国土交通省、2018年3月12日閲覧
  2. ^ 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』11号 中国四国、新潮社、2009年、50-52頁。ISBN 978-4107900296

関連項目[編集]