玉井菜採

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

玉井 菜採(たまい なつみ、1972年2月24日[1] - )は、京都府生まれ・滋賀県育ちのヴァイオリン奏者東京芸術大学音楽学部准教授。

来歴・人物[編集]

4歳からヴァイオリンを始める。桐朋女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学卒業。東儀祐二小国英樹久保田良作立田あづさ和波孝禧に師事。1993年、サントリーホールにおいて、東京デビューリサイタルを行う。同大学卒業後、アムステルダムスヴェーリンク音楽院ヘルマン・クレバースに師事、ミュンヘン国立音楽大学アナ・チェマチェンコに師事。2000年、同大学マイスタークラスを卒業。

日本およびヨーロッパにおいて、リサイタル、室内楽を行っている。また、紀尾井シンフォニエッタ東京のメンバー(コンサートマスター)、アンサンブルofトウキョウのソロ・ヴァイオリニスト、東京クライスアンサンブルのメンバーとして活動している。

2002年から東京芸術大学講師、2005年4月から同大学助教授(2007年から准教授)。2002年から2007年まで芸大フィルハーモニアのソロコンサートマスターもつとめた。2009年から「びわこミュージックハーベスト」コーディネーター。俳優児玉清と共に古典の日イメージ・キャラクターを務めている。

コンクール歴等[編集]

使用ヴァイオリン[編集]

ストラディヴァリウス

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.514
  2. ^ 奥井一夫 (PDF)

外部リンク[編集]