コンテンツにスキップ

「ジョン・ロバート・グレッグ」の版間の差分

m
編集の要約なし
編集の要約なし
m編集の要約なし
{{Expand English||date=2021年4月27日}}{{Infobox writer|name=ジョン・ロバート・グレッグ<br/>John Robert Gregg|image=John Robert Gregg LOC 33970.jpg|caption=|pseudonym=|birth_date={{birth date|1867|06|17}}|birth_place={{IRL}}、[[モナハン県]]|death_date={{Death date and age|mf=yes|1948|02|23|1867|06|17}}|death_place={{USA}}、[[ニューヨーク]]|other_names=|occupation=[[出版者]]|notableworks=[[グレッグ式]]速記法|signature=John Robert Gregg Signature.svg}}'''ジョン・ロバート・グレッグ(英語:'''John Robert Gregg、[[1867年]][[6月17日]] - [[1948年]][[2月23日]])は、[[アイルランド]]の[[教育者]]、出版者、人道主義者。[[速記|速記法]]の一つである「グレッグ式速記法」の発明者である。グレッグは当初、ジョン・マシュー・スローンがフランスのプレボスト・デュプロエ速記法を英語化したものを、スローンの販売代理店の一人であるトーマス・マローンと協力して改良しようとしたという<ref>{{cite book |last=Cowan |first=Leslie |title=John Robert Gregg: A Biography |page=18 |year=1984 |publisher=Oxford: The Pre-Raphaelite Press}}.</ref>。マローンは「Script Phonography」というシステムを発表したが、グレッグはこのシステムの著作権は自分にあると主張した<ref>Cowan, 21.</ref>。マローンに怒られたグレッグは、マローンとの仕事を辞め、兄のサミュエルに励まされて、1888年に独自の速記法を発表し、著作権を取得した<ref name="Cowan">Cowan, 30.</ref>。これは、『Light-Line Phonography』というパンフレットにまとめられている。イギリスのリバプールで出版した『Light-Line Phonography: The Phonetic Handwriting』というパンフレットに掲載されている<ref name="Cowan" />。
 
== 生涯 ==
77

回編集