「裳着」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
をとして → として
m (をとして → として)
[[File:裳.jpg|thumb|250px|裳(江戸時代の作、[[東京国立博物館]]所蔵)。]]
'''裳着'''(もぎ)は、[[平安時代]]から[[安土桃山時代]]にかけて、[[女性|女子]]が[[成年|成人]]したことを一族および他氏に対して示すことを目的として行われた[[通過儀礼]]。
 
なお、通説では[[月経|初潮]]を迎えた後の10歳代前半の女子が対象とされている。成人したものとして当該の女子に初めて'''[[裳]]'''を着せる式で、裳着を済ませることで[[結婚]]などが許可された<ref>[[永原慶二]]監修『岩波日本史辞典』p. 756、[[岩波書店]]、1999年。</ref>。
 
女子に裳を着せる役は腰結(こしゆい)と称され、徳望のある者から選ばれた。日取りは吉日が選ばれ、裳の腰紐を結び、[[髪上げ]]をするほか、「鉄漿親」(かねおや)<ref>「鉄漿付け親」(かねつけおや)とも。</ref>の立ち会いのもと、女子は初めて[[お歯黒]]を付け、眉を剃り、[[厚化粧]]をして殿上眉を描いた([[引眉]])。これ以降、裳着を済ませた者は、[[小袖]]は[[白]]を、[[袴]]は[[緋]](ただし[[江戸時代]]以降は結婚まで引き続き[[紫|濃紫]])を着ることとされた。
 
江戸時代以降、武家と庶民において女性の成人儀礼は男性同様に[[元服]]と称し、実施年齢も18歳から20歳位に引き上げられ、または結婚と同時に行うようになった。
{{Reflist}}
 
== 関連項目 ==
*[[元服]]
*[[成人式]]
 
{{Japanese-history-stub}}
 
{{デフォルトソート:もき}}
[[Category:通過儀礼]]

案内メニュー