「能代港」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
**能代火力5,000トン桟橋(5,000トン)
 
歴史は秋田県内でも最も古く、[[658年]]越国守[[阿倍比羅夫]]が軍船180隻を引いて蝦夷征伐のため上陸した。また[[続日本書記]]には、[[光仁天皇]]の[[宝亀]]年中、[[渤海]]の使臣壱万福等350余人が船10隻に乗り野代湊(のしろみなと)に着いたことが記録されている。[[慶長16年]](1611年)に[[佐竹義宣 (右京大夫)|佐竹義宣]]によって藩北部の物資集積地として林木受勘定所が設置され、日本海の要港として北前船による交易が盛んになる。明治期には秋田杉の輸送拠点として大いに発展する。戦後、港の整備が進められ[[1981年]]に重要港湾に、[[2006年]]にリサイクルポートに指定された。
 
また、県内外の釣り人に釣り場として利用されている。
匿名利用者

案内メニュー