「パンク・ファッション」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
(記事冒頭の定義に加筆。)
 
ちなみに、ページ写真にあるような「典型的」パンク・ファッション(原色に染めた髪を逆立てる、[[モヒカン刈り]]や[[スキンヘッド]]にする、革ジャンに鋲を打つなど)は80年代にイギリス郊外で大流行したパンク・リバイバル/ハードコア・パンク以降のものである。これらのファッションは本来の70年代オリジナル・パンクスには見られない。
 
しかし[[ジョン・ライドン]](ジョニー・ロットン)によるとジョンが自分でアレンジした服が数週間後には「SEX」に並んでいたという。
 
== 連想されるスタイル ==
19

回編集

案内メニュー