牧英正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

牧英正(まき ひでまさ、1924年4月24日[1] - 2018年7月8日[2])は、日本法制史学者、大阪市立大学名誉教授。

人物・来歴[編集]

熊本市生まれ。父は京都帝国大学教授・牧健二。1948年京都帝国大学法学部卒。62年「日本法史における人身売買の研究」で京都大学法学博士。大阪市立大学講師、助教授、教授、88年定年退官、名誉教授、奈良産業大学教授、2000年退職。2001年勲三等瑞宝章受章。 2018年7月8日京都で死去。享年94。

著書[編集]

  • 『日本法史における人身売買の研究』 有斐閣(大阪市立大学法学叢書)1961
  • 『近世日本の人身売買の系譜』 創文社 1970
  • 『人身売買』 1971 (岩波新書)
  • 『雇用の歴史』 弘文社 1977.9 (弘文堂法学選書)
  • 『道頓堀裁判』 1981.10 (岩波新書)
  • 差別戒名の系譜 偽書「貞観政要格式目」の研究』阿吽社 2014.3
  • 『身分差別の制度化』阿吽社, 2014.7

共編[編集]

参考[編集]

牧英正教授 略歴・主要著作目録「奈良法学会雑誌」2000-3

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 牧 英正博士著作目録等抄 (PDF)”. 法制史学者著作目録選. 旧・吉原達也研究室 (2021年11月1日). 2022年4月7日閲覧。 “牧英正博士(1924~2018)には平成 30(2018)年7月8日(水)京都にて逝去された。享年94。”