牧健二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

牧 健二(まき けんじ、1892年5月(戸籍上は11月14日) - 1989年7月24日[1])は、法学者。専門は法制史京都大学名誉教授

来歴・人物[編集]

京都府天田郡下川口村(現福知山市)出身[1]京都府立第三中学校広島高等師範学校[2]を経て、1918年7月に京都帝国大学文科大学史学科[3]、また1921年に京都帝国大学法学部卒業[4]。1923年に同大学法学部助教授となり、2年間訪欧し在外研究。帰国して後、1930年に京都帝大教授となり、1933年の瀧川事件に際しては、大学当局の措置に対して辞表を撤回し残留。1935年「鎌倉時代ノ封建制度ノ研究、殊ニ封建的恩地私領ノ成立ニ就テ」により京都帝国大学法学博士[5][6]。1941年からは法学部長を務め、1945年に退職する。1951年、京都学芸大学講師となり、1957年に教授、同年退職。1960年から1973年まで龍谷大学文学部・経済学部・法学部で教壇に立つ。1975年京都大学名誉教授の称号を授与される。

中田薫との間で、地頭論争を展開した[7]

著書[編集]

  • 『日本法制史概論』(弘文堂、1935年)
  • 『日本封建制度成立史』(弘文堂、1935年)
  • 『日本国体の理論』(有斐閣、1940年)
  • 『日本固有法の体系』(日本法理研究会、1941年)
  • 『「いへ」の理念と世界観』(星野書店、1945年)
  • 『新日本の建設』(星野書店、1946年)
  • 『西洋人の見た日本人』(弘文堂、1949年)
  • 『近代に於ける西洋人の日本歴史観』(弘文堂、1950年)
  • 『日本の原始国家』(有斐閣、1968年)

参考文献[編集]

  • 前田正治「牧健二氏の訃(学界消息)」『日本歴史』第497号、吉川弘文館、1989年、 126頁。
  • 高橋典幸、「地頭論争」、歴史科学協議会編 『戦後歴史学用語辞典』 東京堂出版、2012年、141-142頁。ISBN 9784490108187 

脚注[編集]