牧口準市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

牧口 準市(まきぐち じゅんいち、1931年(昭和6年)8月20日[1] - )は、日本弁護士北海学園大学出身の生え抜き法曹の一人。札幌弁護士会所属。専門は、商事全般(商法倒産法民事再生法)と日本法制史(明治期北海道の司法制度)。在野で北海道の法制史を研究。元弁護士法人成蹊総合法律事務所所長。現在は同事務所客員弁護士。

来歴・人物[編集]

北海道古宇郡泊村出身。1949年(昭和24年)札幌地方裁判所岩内支部に事務官として入所。1960年(昭和35年)北海学園大学経済学部2部中退。札幌地方裁判所書記官[2]などを経て、司法試験に合格。1969年(昭和44年)弁護士登録1979年(昭和54年)札幌弁護士会副会長。1981年(昭和56年)札幌トヨペット更生管財人(同社代表取締役社長を兼務)[3]1984年(昭和59年)北炭夕張炭鉱株式会社更生管財人。1988年(昭和63年)札幌弁護士会会長・北海道開発審査会会長。1989年(平成元年)北海道弁護士会連合会理事長・札幌市教育委員会委員長。1991年(平成3年)日本弁護士連合会副会長。1994年(平成6年)札幌大学法学部非常勤講師(~1997年、倒産法担当)。1998年(平成10年)たくぎん抵当証券被害者弁護団団長。2002年(平成14年)日本調停協会北海道支部長。2003年(平成15年)札幌大学法学部非常勤講師(~2007年、近代日本法制史担当)[4]

受賞歴[編集]

主な業績[編集]

主要論文[編集]

  • 「接見禁止等の取消解除について」『書研所報記念論文集』(裁判所書記官研修所、1965年)
  • 「管財人覚書」(自費出版、1988年)
  • 「ひと筆 夕張の悲劇」(自由と正義 57号、2006年)

著書[編集]

  • 『開拓使時代の司法』(北海道出版企画センター、2012年)
  • 『明治期における北海道裁判所代言人弁護士史録』(北海道出版企画センター、2014年)
  • 『箱館戦争裁判記 - 榎本釜次郎外数名糺問幷処置事件』(北海道出版企画センター、2016年)
  • 『明治期北海道の司法 -箱館戦争ガルトネル事件等五事件』(北海道出版企画センター、2018年)
  • 『明治期北海道の裁判制度』(北海道出版企画センター、2019年)

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ 『北海道人物・人材情報リスト 2004 な~わ』(日外アソシエーツ、2013年)1903頁
  2. ^ 上掲『北海道人物・人材情報リスト』1903頁
  3. ^ 上掲『北海道人物・人材情報リスト』1903頁
  4. ^ 上掲『明治期における北海道裁判所代言人弁護士史録』奥付、上掲『明治期北海道の司法』奥付
  5. ^ 以上につき『全国弁護士大観』(法律新聞社、2007年)1013頁