牡蠣の土手鍋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
牡蠣の土手鍋

牡蠣の土手鍋(かきのどてなべ)とは、の周りに味噌を塗りつけ、カキ豆腐野菜を煮ながら食べる広島県郷土料理鍋料理)。

貝類野菜を味噌味で煮たものが、一般的に「土手鍋」あるいは「土手鍋風」と呼ばれているが、本来は生ガキを用い、府中味噌を鍋の内側の周りに土手のように塗って作る鍋料理を「カキの土手鍋」あるいは「土手鍋」という。

概要[編集]

  • カキ鍋の一種で、味噌を鍋の周りに、土手のように塗りつけることから、この名が付いたというのが有力な説だが、由来については諸説があり、「土手」と言う行商人が考案した、大坂の土手で売っていたなどの説もある。
  • 土手鍋は、独特の食べ方に特徴があり、食べる直前に味噌の土手を崩しながら、好みの味加減にして食べる。