牛島純一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

牛島 純一(うしじま じゅんいち、1923年(大正12年)-2012年12月19日[1])は、日本生理学者動物学者。専門は、家畜生理学獣医学博士。元酪農学園大学学長。元酪農学園大学短期大学部学長

経歴[編集]

熊本県生まれ。1946年北海道帝國大學農学部卒業し、三井物産株式会社入社。北海道酪農協同組合に移る。北海道大学獣医学部助手を経て、1949年酪農学園短期大学助手。1950年助教授1959年北海道大学 獣医学博士 「馬の所謂骨軟症(繊維性骨栄養障碍症)に関する生化学的研究」。 1960年酪農学園大学酪農学部教授1985年酪農学園大学6代学長、酪農学園大学短期大学部6代学長に就任。1989年酪農学園大学定年退職。同名誉教授。1989年学校法人酪農学園常務理事(~1994年)。1991年学校法人酪農学園学園長(~1995年

受賞歴[編集]

主な論文[編集]

  • 『167 鶏の魚油中毒に関する研究 :I.新鮮魚油多給による肝臓変化』共同執筆、日本獸醫學雜誌 22、1960年
  • 『ワラビのモルモットに対する毒性について』共同執筆、日本獸醫學雜誌 45、1983年
  • 国立情報学研究所収録論文 国立情報学研究所

など

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

先代:
遊佐孝五
酪農学園大学短期大学部学長
第6代: 1985年 - 1989年
次代:
坂本与市
先代:
遊佐孝五
酪農学園大学学長
第6代: 1985年 - 1989年
次代:
平尾和義
先代:
遊佐孝五
学校法人酪農学園学園長
第4代: 1991年 - 1995年
次代:
黒澤力太郎