熱性けいれん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
熱性けいれん
ICD-10 R56.0
ICD-9 780.31
OMIM 604352
DiseasesDB 4777
MedlinePlus 000980
eMedicine neuro/134
MeSH D003294

熱性けいれん熱性痙攣)は乳児に見られる発熱時のけいれん。けいれんを起こすがてんかんではない。

定義[編集]

発熱時に痙攣を起こせば熱性けいれんと定義されるが、通常は発症が5分以下で発作の形に左右差が無く、全身の強直・間代痙攣で意識の回復が良いものを単純熱性けいれんとし、それを狭義の熱性けいれんとして使用されることが多い。一方、単純では無い熱性けいれんは複雑熱性けいれんと呼ばれる。

発症[編集]

6か月から6歳に多い。男女差なし。

原因[編集]

単純熱性けいれんは年齢が原因とされる。未熟脳は痙攣を抑制する力が弱く、動物実験でも体温を上昇させたマウスは痙攣を起こす。

一方、複雑熱性けいれんは一部で何らかの原因があることがある。原因としてはてんかん、脳奇形、神経皮膚症候群、神経代謝疾患などが挙げられる。

予後[編集]

初回の単純熱性けいれんを起こした子どもが人生でもう一度起こす可能性は1/3程度と言われているが、3回以上起こす場合はその後も繰り返しやすい。

熱性けいれん自体は何十回と繰り返してもかまわないという意見と、発作が多いと側頭葉てんかんの発症率を高めると言う意見があり統一されていない。が、言いかえれば統一されていない程度しか発作を繰り返しても予後に与える悪影響は少ない。いずれにしても数回程度の数分の発作が知能、てんかんへの予後に影響しないと考えられている。

単純熱性けいれんは予後が良い。6歳までには通常治癒するが一部は小学校高学年でも発症する。てんかんに移行することは一部に存在するが、それは何も無い小児がてんかんを発症する率に比べてわずかに高いのみである。複雑熱性けいれんも多くは予後良好ではあるが原因疾患があればその疾患の予後に準ずる。

治療[編集]

基本は予防。発熱(37.5-38.0度)が見られたら痙攣予防坐薬ダイアップ(成分名:ジアゼパム)を投与する。解熱剤は入れても入れなくても痙攣の発症率に影響しない。ダイアップの投与は通常8時間開けて2回で、繰り返し投与により有効血中濃度が長時間に渡り保たれる(2回目投与後、24時間前後)。上で述べた通り、1回のみの発症ではその後起こさない可能性が高いので2、3回発症した場合のみ使用開始することが多い。

予後は良好なことが多いので薬を使わなくても良い。