熊野地鶏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • 熊野地どり
熊野地鶏のつくね

熊野地鶏(くまのじどり)は、三重県畜産研究所が肉質にこだわり、研究・開発し、熊野地域で産地化した地鶏[1]

三重県在来種八木戸ニューハンプシャー種英語版交配したオスに名古屋コーチンのメスを掛け合わせた高級肉用鶏[1]

概要[編集]

平均飼養日数は約115日と長く、1m2当たり10羽以下の低密度で飼育する[1]。生産者団体は熊野地鶏生産組合[1]。飼料には熊野地域で収穫した飼料米を加えた専用のものを与える[1]。体重は平均でオスが3,400g、メスが3,100g[1]

  • 熊野地鶏生産組合11戸(熊野市南牟婁郡内)
  • 年間出荷羽数 15.000羽(平成19年度実績)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 成瀬・横山 2014, p. 151.

参考文献[編集]

  • 成瀬宇平・横山次郎『47都道府県 地鶏百科』丸善出版、2014年7月31日、335頁。ISBN 978-4-621-08801-2

関連項目[編集]

外部リンク[編集]