熊谷真菜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

熊谷 真菜(くまがい まな、1961年10月14日 - )は、日本の生活文化研究家、たこ焼き研究家(宇宙でただひとりのタコヤキストと自称している)、日本コナモン協会会長、作家、フードマーケティングデザイナー。

来歴[編集]

兵庫県西宮市出身。幼少時から、たこ焼きに興味を持ち、大学での卒業論文執筆のため、庶民の味「たこ焼き」の調査を開始。以降十年間のフィールドワークをまとめた著書『たこやき』は、折からの大阪ブームで学会などから高い注目・評価を受けた。現在は生活文化研究家として講演や著述のほかテレビ・ラジオの出演も。日本コナモン協会を設立・運営している。

人物[編集]

タコヤキスト自称まで[編集]

出身の地元西宮では、たこ焼きといえば明石焼き(あかしやき、地元では玉子焼、卵焼きと呼ぶことが多い)のことであった。子どものころ、大阪の屋台で初めてソース味のたこ焼きを食べて驚愕。大阪のたこ焼きと明石焼きの違いに素朴な疑問を感じ、たこ焼きに興味を持つ。これが後年、日本文化・生活文化の研究テーマとして、食文化としてのたこ焼き研究に挑む契機となった[1]

高校時代から、京都学派の拠点のひとつでもある社団法人現代風俗研究会[2](1976年9月発足、初代会長・桑原武夫)に所属していた。立命館大学在学中も同研究会の桑原武夫、多田道太郎鶴見俊輔らによる刺激や励ましを受け、たこ焼き研究を志すことになった(熊谷は後年、多田道太郎を恩師と呼んでいる)。現代風俗研究会では大学在学中から事務局を担当。

それまで、たこ焼きについての本格的な研究はなされていなかったため、文献・資料などはほとんどなく、地道なフィールドワーク・取材をこなし、立命館大学産業社会学部の卒業論文「現代食事文化論-大阪文化としてのたこやきとその象徴的意味論のための一考察」をまとめる。

同志社大学大学院に進学し、同時に結婚(23歳)。代用食(つまり粉食など)を研究テーマに、たこ焼きを選んで研究を進め、1993年に十年間のフィールドワークをまとめた著書『たこやき』をリブロポートから出版。

この1993年には、東京都渋谷区を中心に『京たこ』騒動(渋谷公園通りのたこ焼き屋「京たこ」・「京風たこ焼き亭」などによる、俗に「渋谷たこ焼き戦争」と呼ばれる争い)を震源とする全国的なたこ焼きブームが起きた。また、翌年の関西空港開港で大阪は全国から注目を浴びており、大阪ブームに火がつくころでもあった。時期的な幸運もあって、著書『たこやき』は各界から注目され、評判を呼んだ。さらに、本格的な粉食(粉物、コナモン)文化研究、たこ焼き研究の本として、著書『たこやき』は現代風俗研究会で橋本峰雄賞を受賞。

タコヤキスト熊谷真菜[編集]

築地銀だこ」など大手たこ焼きチェーン店(フランチャイズ店)が続々と誕生し、また冷凍たこ焼きなどの販売も盛んとなったため、執筆、講演、シンポジウムのパネリスト依頼などが相次ぎ、各地のたこ焼きやコナモン料理を食べ歩くかたわら、それら依頼をこなした。また1995年には、自ら作詞作曲した『たこやき音頭』など、たこ焼きの曲ばかりを集めた CD アルバム『たこやき』[3]を発表して話題を呼ぶ。また、自らをタコヤキストと称し[4]ウェブサイト「たこやき研究家 熊谷真菜のページ」を立ち上げた。

コナモン協会設立以後[編集]

熊谷真菜は2002年10月ごろ日本コナモン協会設立を思い立ち、準備を開始。設立動機として、後に、友人から「なぜ大阪にたこ焼き博物館がないのでしょうか」とのメールを受け取ったからだと明かしている。2003年3月7日、コナを挽く・練る・加熱のプロセスを知るための、子ども連れの家族にも楽しめる協会設立記念プレ・イベント「親子でたこ焼き塾〜粉を挽くところからはじめよう」(第一回ワークショップ)を大阪市中央区のキリンプラザ大阪で開催。同時に語呂合わせで5月7日を「コナモンの日」とし、日本記念日協会(長野県佐久市)に記念日としての認定を受けた。5月7日には東京都豊島区東池袋の speakeasy (スピーキージー)において記念イベントを催し、この日を協会の発足日とした[5]。協会の役員には、大阪大学浪花文化研究会顧問の阿部未奈子[6]を副会長とし、民族学者石毛直道のほか民俗学者、料理研究家、料理評論家、文化プロデューサー、編集者医者など、文化人、学者、業界関係者を理事に据えている[7]

9月1日に協会公式サイトを立ち上げ、12月22日に専用掲示板 (BBS)「こなもん食堂」(現・コナモン掲示板[8])を開設。熊谷は「『偉大なるコナモン』の魅力を“オモシロまじめ”に考える民間道楽団体」と称し、協会を、関西のみならず信州の「お焼き」や大分の「団子汁」など郷土料理にまで手を広げて研究し、粉食文化を振興する拠点とした。

協会の設立と並行して、2003年9月には『大阪たこ焼33ヵ所めぐり』(2003年度版)を会社設立間もない西日本出版社(社長・内山正之)から出版。単なるたこ焼き屋の紹介ではなく、たこ焼き屋の立地条件、店の経営者のプロフィールなどを丹念に辿りつつ、たこ焼き文化から、たこ焼きの歴史まで目配りし、また巡礼になぞらえた遊び心のある本にまとめ、熊谷真菜二十年間の取材を集大成したものとなった。発売直後の週は、大阪駅・紀伊国屋書店梅田本店で、単行本全体で11位、実用書部門で1位となるなど、売れ行きは好調であった。熊谷のたこ焼き取材歴は20年をこえ、協会設立三年後に大阪で世界コナモン博覧会を、そして設立十年後にはコナモンミュージアム設立に向けた活動を宣言した。

2004年3月4日、道頓堀のキリンプラザ大阪で日本コナモン協会第一回総会を開催。2005年には世界コナモン博覧会ではなく、「日本全国コナモンまつり2005」と題したイベントを大阪・なんばグランド花月前で開催[9]。さらに同協会主催で2006年4月、コナモンの可能性を広げるため、高校生を対象に創作料理のレシピを競う「高校生創作コナモンバトル」を開催し、グランプリ(最優秀作)は長野県須坂高校リンゴ蕎麦がきでくるんで揚げてつくる「産地直送! もぎたてりんご」に決定。大阪府吹田市千里万博公園にある「大阪ガス 生活誕生館ディリパ」にて開催した「日本全国コナモンまつり2006」会場でお披露目会を行なった。今回のまつりでは、パフォーマンスなどを演じるステージと、パンやお好み焼きなどの体験コーナーや、試食コーナーなどを設けている。また2006年のコナモンまつり開催にあわせ、5月から協会公式サイトを拡充するリニューアルを実施、日録『コナモン日記』を個人サイトから日本コナモン協会公式サイトへと移動した。ラーメン連、鉄板連、など協会認定「連」も少しずつ増え、公式サイトを持つ連も登場している。

画家の夫、長男長女との4人暮らし。

著作[編集]

著書・編著書・監修書[編集]

  • 1993年6月 『たこやき』リブロポート ISBN 4-8457-0828-0
  • 1996年1月 『たこやきの正しい食べ方』(『ゴマブックス』)、ごま書房、ISBN 4-341-01701-2
  • 1998年5月 『たこやき 大阪発おいしい粉物大研究』(『講談社文庫』)、講談社、ISBN 4-06-263800-2
    • リブロポート1993年刊の増補
  • 1998年11月 熊谷真菜監修『大阪新発見散歩』(『旅の森』)、昭文社、ISBN 4-398-13187-6
  • 2000年9月 熊谷真菜著、シノハラガク絵『たこやきのナゾ』草土文化、ISBN 4-7945-0799-2
    • マンガ入り、ルビ付きの子ども向け書籍
  • 2001年1月 熊谷真菜監修『大阪新発見散歩』(『旅の森』)、昭文社、ISBN 4-398-13318-6
  • 2001年4月 熊谷真菜、日本ふりかけ懇話会著『ふりかけ 日本の食と思想』学陽書房、ISBN 4-313-86302-8
    • ふりかけ年表: p247-254
  • 2003年5月 熊谷真菜著、ハリー中西写真『大阪たこ焼33ヵ所めぐり』2003年度版、西日本出版社、ISBN 4-901908-02-2
  • 2007年9月 『「粉もん」庶民の食文化』朝日新書、ISBN 4-02-273165-6
  • 2008年5月 『楽しくつくろう たこ焼き いろいろレシピ』雄鶏社、ISBN 4-277-66158-0
  • 2010年9月 『てっぱん屋台(CIRCUS 2010年10月号増刊)』KKベストセラーズ

共著[編集]

  • 1994年8月 石井晃編著『100%大阪人 決定版!「大阪学」10連発』リバティ書房、ISBN 4-947629-64-9
  • 1996年4月 オタフクソース、河野信夫ほか編、監修:藤中義治『TAKOLOGY タコロジー たこ焼の話をしよう 』オタフクソース、(非売品)[10]
  • 1996年7月 トラベルジャーナル出版事業部編『大阪路線バスの旅』(『TRAJAL Books』)、トラベルジャーナルISBN 4-89559-364-9
  • 1996年7月 トラベルジャーナル出版事業部編『京都路線バスの旅』(『TRAJAL Books』)、トラベルジャーナル、ISBN 4-89559-365-7
  • 2002年2月 月刊『大阪人』2002年3月号、大阪都市協会[11]
    • 「たこやきトーク 初めに、たこやきありき」(寄稿: タコヤキスト・食文化研究家 熊谷真菜)所収
  • 2003年9月 石井晃著『100%大阪人 なんでもアンチになる理由』(『幻冬舎文庫』)、幻冬舎ISBN 4-344-40425-4
    • 第8章「たこやきに捧げる愛」を執筆
  • 2004年1月 学芸総合誌・季刊『環』【歴史・環境・文明】Vol.16(特集: 「食」とは何か)、藤原書店ISBN 4-89434-371-1[12]
    • コラム「B級グルメ たこ焼きの誕生と日本の食文化」を執筆

現代風俗研究会[編集]

(現代風俗研究会年報『現代風俗』執筆記事)

  • 1985年 『現代風俗』
    • 「文化としてのたこやき」 熊谷真菜
  • 1990年 『貧乏 現代風俗』
    • 「食のダウンアップ変貌する『ごちそう観』」 熊谷真菜with橋爪紳也
    • 「代用食の味わい」 熊谷真菜
  • 1991年 『現代遺跡』
    • 「現代遺跡の最高峰『太陽の塔』と岡本太郎」 熊谷真菜・山脇文子
    • 「高坂貞男のエキスポ・ウエディング」 鵜飼正樹・熊谷真菜
    • 「まさに花のある人生 コンパニオン藤原恵美子」 熊谷真菜
    • 「ハンパクと鈴木マサホ」 石井素子・熊谷真菜・野口良平
  • 1992年 『恋愛空間』
    • 「毎日がハネムーン」 熊谷真菜+松本佳子
    • 「『変わる』ための恋愛 エッチおじさんへの独り言」 熊谷真菜
  • 1995年 『もてへん男』
    • 「いつも心にダンディなブ男を」 熊谷真菜
  • 1996年 『脳内グルメ』
    • 「たこ焼きから人絹まで」 熊谷真菜
    • 「現風研の今後を予感する このあたりの者でござる」 鶴見俊輔・多田道太郎・高橋千鶴子・熊谷真菜
  • 2005年『興業 イッツ・ショウタイム!』新宿書房、ISBN 4-88008-330-5
    • 「歌って踊る歌手になる」 熊谷真菜

CD[編集]

  • 1995年6月21日 熊谷真菜&たこやきシスターズ『たこやき』NA‐NECアベニユー、NACL-1183
    • 曲目: たこやき音頭、たこやきできた、たこやき天国、たこやきの季節、ぼんさん・たこやき、明石海峡・恋の味、愛しのたこやき、たこやきロックンロール、踊れ!たこやきマン、ごきげんパワーだ!たこやきマン、ボョョン日和、たこやき音頭(レゲエヴァージョン)

脚注[編集]

外部リンク[編集]