熊倉裕一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

熊倉 裕一(くまくら ゆういち、1971年5月1日 - )は、日本漫画家新潟県出身。ヘビースモーカー

高校を一学期で中退、その後フリーターをしながら漫画を投稿、1994年に『双剣伝』でデビュー

略歴[編集]

第5作の連載中止以後、10年以上にわたり音沙汰が無かったが、2017年4月28日に赤松健主催の絶版漫画電子書籍サイト「マンガ図書館Z」での権利整理過程において出版社も把握していなかった熊倉の安否が判明したと報じられた。これに伴い、同サイトにおける無料配信は停止され、正式に講談社より熊倉裕一作品が電子化[1]。また、同年夏にかけて個人展も出展されている。

作風[編集]

緻密に描き込まれた背景キャラクター造形、芸術作品のようなカラーページを描く。生まれて初めてカラー絵を描いたのは『王ドロボウJING』の連載開始の予告カット。

『王ドロボウJING』では、熊倉本人もジンやその他のキャラの顔をよく忘れるので作画の時はジンの単行本が手放せないと語っている。

ディズニーアニメや『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』等、世界のアニメーション作品の影響を多大に受けたと語る。

単行本[編集]

画集[編集]

  • 『u-1 kumakura works 1995~2001 熊倉裕一画集』
  • 『u-1 kumakura works hidden graphics 熊倉裕一拾遺集』(限定1000部、完売)
  • 『JING:C@RDs』

元アシスタント[編集]

脚注[編集]