照井翠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

照井 翠(てるい みどり、1962年 - )は、岩手県花巻市出身の俳人1990年、「寒雷」に入会し加藤楸邨に師事。同年「草笛」に入会。1993年「草笛」同人。1996年「草笛」新人賞、「寒雷」同人。2001年「草笛賞」優秀賞。2002年、第20回現代俳句新人賞[1]

2011年東日本大震災により被災。2013年、第5句集『龍宮』により第12回俳句四季大賞および第68回現代俳句協会賞特別賞を受賞[2]。『龍宮』は震災に直面して以降の句を中心とした句集で、「双子なら同じ死顔桃の花」「寒昴たれも誰かのただひとり」などの句を収めている。朝日新聞天声人語[3]NHK[4]などにも取り上げられ、高野ムツオの震災句集『萬の翅』とともに俳壇の内外で話題となる。蛇笏賞の候補にもなった[5]

岩手県釜石市在住。岩手県内の高校で長く国語教師を務める。現在「寒雷」「草笛」同人、現代俳句協会会員[6]

東日本大震災では、岩手県立釜石高校で被災、1ヶ月間体育館と合宿所で生活した[7]

句集[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]