瀧川儀作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

瀧川 儀作(たきがわ ぎさく、明治7年(1874年12月8日 - 昭和38年(1963年1月31日)は、日本実業家政治家瀧川辨三の養嗣子。旧姓梶岡。

瀧川辨三が発展させた東洋燐寸株式会社社長を引き継ぎ日本のマッチ王と呼ばれる。

経歴[編集]

奈良県豪家梶岡源重郎の三男[1]。後旧長州豊浦藩藩士瀧川辨三の養子となり、明治32年(1899年分家[1]

明治29年(1896年大阪商業学校卒業[1]。岳父を助けて幾多の事業に参画[1]

1918年1月には兵庫県下の28工場を合併して帝国燐寸株式会社を設立、2月には膠州湾租借地に青島燐寸株式会社を設立[2]。神戸商業会議所会頭、神戸日華実業協会長、瀧川学園理事貴族院議員を歴任。阪神バスの母体である阪神国道自動車の設立にあたり大口出資。

家族・親族[編集]

瀧川家[編集]

兵庫県神戸市須磨区関守町
明治14年(1881年)9月生[1] - 没
明治33年(1900年)3月生[1] -
同妻・寿江八馬汽船会長八馬兼介[3]
明治37年(1904年)8月生[1] -
明治40年(1907年)9月生[1] -
  • 二女・壽満子奈良県、山辺誠一弟諭吉に嫁す[1]
明治43年(1910年)8月生[1] -
大正2年(1913年)9月生[1] -

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『人事興信録. 第11版』(昭和12年)下タ二三二
  2. ^ マッチの世界|マッチの歴史
  3. ^ a b 第二十一版 人事興信録 』タ一四二

外部リンク[編集]